このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

NEXTGEARで遊ぶファンタシースターオンライン2日記第4回

マウスコンピューターの『ファンタシースターオンライン2』推奨パソコンを活用!

PSO2日記:「ギルナッチを4500体ほど倒していただけでした」

2012年11月07日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PSO2には武器を作成できる鍛冶職が存在しないため、武器の入手はNPCからかエネミーを撃破からになる。もちろん、その中にはレアリティの高い武器もあり、だいたいレア武器は能力が高いため、自キャラの彩り要素の1つであるステータスのためにゲットを狙う。ゲームバランス的にいうと、ヴィタ系の武器を強化していれば十分といったところだが、値を求めてしまう性はベンチマークのスコアアップ大作戦に近いものがある。

 PSO1のときは、レア堀りというのがエンドコンテンツとして存在しており、PSO2の場合も同様にレア堀りを行なう割合が多い。またアバター的な要素が強いのもの、国内タイトルの特長ともいえるし、そろそろその先駆けであるハンゲームのアバターシステムはもっと評価されていいんじゃないかなとも思う。

フォース用の愛用武器は長らくグラマシェントのまま。ベリーハードでも火力的には問題ないのだが、法撃2000以上にしたいので、新しいロッドが欲しいの
そういえば、希少種のダーク・アグラニに出会えた。またトランゼクシアとも遭遇。トランゼクシアはトランマイザーがタンクモード&バルカン掃射に対し、四つ脚&レーザー照射らしいのだが、変形前に撃破されてしまうため、その姿を拝めていない

 といった前置きをふまえて、前回から今回まではレア堀りしかしていなかったので、延々とそんなお話をしていこう。

デモニックフォークが欲しい

 ベリーハード追加に加え、追加アイテムテーブルも実装され、各エリアのエネミーにレアアイテムが配置された。またレアリティの高い武器・ユニットも用意されている。比較的にレアユニットは出現率の高いものが多く、一部のシビアな条件のものを除けば入手性は高い。ただレアリティ10の武器・ユニットは、マイショップやトレードが不可能になっており、使いたい場合は自分で入手するしかない。

 マイショップオンライン対策だとは思うのだが、いっそのこと1日あたりの取引可能回数といった手法もアリだと思う。規定回数以上はACコンテンツといった展開もできるのだし。それはさておき、自分の武器は自分でゲットしてこいというのは、ファミコン時代に味わったストロングスタイルに近い。ユニークスキルを武器にも付与してほしいところ。

 さて、筆者の愛用クラスは、メインクラスがフォース、サブクラスがテクターになっている。経験値テーブル的にLV.45以上はのほほんコースだなと判断したため、レベリングがてら武器探しをしていた(経験値テーブル見直しが発表されたので、次回はまた事情が変わっているかもしれない)。スペック的な側面から、デモニックフォークが欲しいなぁ~とドロップ情報をネットで検索したところ、地下坑道にポップするギルナッチがドロップする模様。そういえば、ガーランドのときもお世話になりました。先に書いておくと、デモニックフォークは、まだ入手できていない。

クエストレコードから、そのクエストで出現しているアイテムの傾向を知ることができる。出現数が多いほど出やすいといった認識でいいが、撃破回数の増やしやすさとエンカウント率も加味して考えておいたほうが精神的によろしい。なお表示されている数字は、プレイ中のShipのみではなく、全Shipの総計
デモニックフォークと比べると、やや基本スペックが劣るがウィンディシャフト狙いにスライドしてもいいんじゃないかなぁと思い中。デモニックフォークよりは出やすい?

 「レア」=出にくいのはお約束として、レア武器・ユニットの中にも上記のように出やすいものもあれば、出にくいものもある。アイテムテーブル的に考えると、ハードで出現していたレアも含まれているため、レアリティ10はとても出にくいのは明白なのだが……。それでもやるのが信者なのでがんばるの。

 PSO2ではクエストごとに全Shipの統計データが確認できるため、およその出やすさは確認できる。まずはこれを見てから、対策を考えるのだが……。原稿作成時点(10月29日)で、デモニックフォークの出土数は全Shipで502個。確率としては、0.0001%あたりだろうか。これにガーランドも加わるため、確率はもっと低そう。となると、効率よくギルナッチを延々とノーソウルで撃破していく行程が必要になる。出るまでやれば、出現確率は100%だ。

ターゲットにしていたのは、ギルナッチ。この寄せ集め回復機械生命体野郎を延々と撃破していたのが、今週のハイライトであり、全内容

iconicon

(次ページ、「都合のいいマップを引いたら限界まで回る」に続く)


 

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune