このページの本文へ

文書閲覧用ソフトウェア「DocuWorks Viewer Light 1.0」

文書管理DocuWorksにWindows 8/RT用クライアント

2012年10月29日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月26日、富士ゼロックスは「DocuWorks」文書閲覧用ソフトウェア「DocuWorks Viewer Light 1.0」を、マイクロソフトの「Windows ストア」を通じて無償提供すると発表した。

Windows 8とWindows RTに対応する「DocuWorks Viewer Light 1.0」

 DocuWorks Viewer Light 1.0は、「Windows 8」およびARM版の「Windows RT」に対応し、タッチ操作により「DocuWorks」文書の閲覧、スクロール、ページめくりや表示の拡大・縮小が可能。加えて、Windows 8/Windows RT環境上の共通機能(チャーム)を使ったアプリケーション間のデータ共有に対応し、「DocuWorks」文書を「メール」アプリやマイクロソフトのオンラインストレージのクライアント「SkyDrive」アプリなどに渡すことができる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ