このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

19歳女子が見た「CEATEC JAPAN 2012」

2012年10月03日 14時00分更新

文● 相川夏海

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
急に原稿を書いてといわれて、困った顔の夏海たん(カメラ担当談)

 先端IT技術から最新家電までが一堂に会するエレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2012」が、10月6日まで開催中だ。今年も幕張メッセで催しており、なぜか十代最後の年を満喫中の筆者が行くことになってしまった。19歳の女の子視点からのCEATECを見てこい……ということらしい。急に幕張メッセに呼び出されたと思ったら、編集部の人に「夏海たん、記事よろ!」といわれた件について。なお、そのほかCEATECの情報については、すでに掲載されている関連記事を見てもらいたい。

まずはSONYブースをチェック

 まずは、目についたSONYブースに行ってみた。筆者がSONYがちょっと好きなのもあるが、編集さん、どこそこ行けっていわなかったし。SONYブースでは、テレビ、PC、ウォークマンなどいろいろな製品が展示されていた。その中から気になったものをいくつかピックアップしていこう。

狙うは女の子? 超小型スピーカー体感

 まずは、NFC対応、Bluetoothに接続もできるワイヤレスのスピーカー「SRS-BTV5」をチェック。NFC機能またはFeliCa機能を搭載したスマートフォンでなら、スピーカーにスマートフォンをかざすだけで音楽が楽しめる。丸く可愛らしい形が特長だ。通信距離は数cm〜1m。360度と上方に音が広がる作りになっているため、みんなでスピーカーを囲みながら音楽を楽しむことができる。

19歳女子の筆者の手にも納まるこの小ささスマートフォンをかざすだけで、簡単に音楽を聴くことができる

 大きさは手の平に載るほどのミニサイズ。小さいながら音量は文句なしだ。ザワついた会場内でもきちんと聴き取ることができた。重さは約135gととても軽いので、付属のポーチを使えばいろいろな場所に容易に持ち運びが可能。寝る前に寝室に持ち運んで音楽を聴きながら寝たり、学校に持ち込んでお昼休みにみんなで音楽を聴いたりもできる。

 カラーはブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビットピンク、ブラックの5色。発売予定日は10月20日。かわいらしいまん丸デザインや小さなサイズを考えると、女の子にオススメできる製品だ。

ハンドル付きで持ち運びらくらくなワイヤレススピーカー

 同じくSONYから、持ち運びに便利なハンドルがついたスピーカー「SRS-BTM8」が登場。本体が薄く、重さも奥行きもそれほどないため、移動が容易で収納場所に困らない。しかし、カバンに入れて外に持ち運べるサイズではないので、家の中で持ち運んで音楽やラジオを楽しむというほうがいいだろう。

「SRS-BTM8」もNFCに対応しているため、スマートフォンをかざすだけで音楽が楽しめる

 スピーカーが前面にしか付いていないので、本体の後ろに移動すると音が聞こえにくくなるのが難点だ。ACアダプター、または単3アルカリ電池4本でも、最大約20時間の連続再生が可能なため、コンセントがない場所でも再生ができる。カラーはホワイト、ブラックの2色。発売予定日は10月20日。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン