このページの本文へ

仮想化向けのサーバーはServer 2012に最適!

第12世代PowerEdge、Windows Server 2012主要機能対応へ

2012年09月27日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月26日、デルはPowerEdge第12世代サーバーの「Windows Server 2012」の主要な新機能への対応を10月16日より開始すると発表した。

 PowerEdge第12世代サーバーは、Windows Server 2012 Hyper-Vが提供するダイナミックな仮想化インフラを最適化することで、ワークロードのスケーリングと保護、コスト効率のよいデータセンター仮想化、容易なインフラ管理、クラウド環境の構築を実現。大量メモリのサポートとIOスループットの強化など、全面的に仮想化向けに設計されている。そのため、Windows Server 2012が提供する包括的な仮想化プラットフォームを最大限に活用できるようになるという。

 また、Windows Server 2012を搭載したDell PowerEdgeでは、同社のシステム管理ソフトウェア「OpenManage」をマイクロソフトの管理製品「System Center」と統合することで、仮想および物理環境においてデル製サーバーの導入、更新、監視、保守の自動化が可能になる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ