このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

塩田紳二のWindows 8 IN-N-OUT第19回

Windows 8付属のアドレス帳やメールはどの程度使えるか?

2012年09月07日 12時00分更新

文● 塩田紳二

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メールやカレンダー、アドレス帳も
OSに同梱されるWindows 8

 Windows 8の特徴は、従来のデスクトップ環境とは別に「Windowsストアアプリ」を動かす新ユーザーインターフェイス環境(旧名 Metro)が組み込まれていることだ。例えて言うなら、新UI環境とはWindows(およびデスクトップ)という大きなプールに浮かぶ、バスタブのようなものだ(関連記事)。

連載第1回で掲載した、新UI(Metro)環境(左)と従来のデスクトップ環境の概念図

 新UI環境は外側のデスクトップアプリとは直接関係しないが、ユーザーから見える部分となる「水面」は同じ位置にあり、新UI環境とデスクトップは、ユーザーのタッチで「流れる」ように切り替わる。

 新UI環境はタブレットを意識したものだが、デスクトップ環境の次世代の姿ではなく、並ぶ存在にすぎない。おそらくこれからも、デスクトップアプリは開発が続けられるだろうし、Windowsストアアプリも増えていくことになる。

 Windows 8では、これまでデスクトップアプリとして提供されていたメールやアドレス帳といった機能は、Windowsストアアプリとして提供される。現状のスマートフォンやタブレットをみれば、メールやカレンダー、アドレス帳などは必須アプリであるから、Windows 8も同じように新UI環境向けのアプリを用意しているわけだ。

 過去を振り返ると、Windows Vistaでは「Outlook Express」がなくなり、メール(およびアドレス帳)やカレンダーなどは、Windows Live側のサービスを使うようになった。またメッセンジャーも、かつては「Windows Messenger」が用意されていたものの、結局「Live Messenger」に置き換えられた。

 Windows 8ではこれらが、「メール」「カレンダー」「People」「メッセージング」として付属する。Windowsストアでは、これらは4つでセットのアプリとしてまとめられている。この4つがまとまっているのは、その関係が少し複雑だからだ。アプリケーションそのものは独立しているものの、それらが使う情報はローカルPCに保存されるものではなく、Windows Liveやインターネット側のサービスなどから提供されるものだからだ。

各種SNSの連絡先をまとめて一覧する
アドレス帳「People」

 まずは個々のアプリケーションを見てみよう。基本になるのは「People」だ。これは連絡先情報を管理し、SNSサービスと連動するようになっている。「Hotmail」(Outlook.com)「Facebook」「Twitter」「Gmail」「LinkedIn」といったサービスから連絡先情報を集めて、これらをまとめてひとつのリストとして表示するアドレス帳アプリである。

「People」は、複数サービスの連絡先をまとめてひとつのリストとして表示する「アドレス帳」アプリ

 もし連絡先の中に同じメールアドレスがあるなど、同一人物と判定できる場合には、自動で連絡先を「リンク」する。このリンクは、手動でも設定が可能だ。

リンク機能は、複数サービスに登録されている同一人物をまとめるもの。自動で行なわれることもあるが、ユーザーが手動で設定することもできる

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン