このページの本文へ

「LuvBook Kシリーズ」ロードテスト ― 第4回

友人の希望で選んだら、これが一番!

必要な機能と金額が両立の直販PC!「LuvBook K」

2012年08月22日 11時00分更新

文● 千駄木りん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

希望にピッタリのハイエンドマシン

 前回は、「LuvBook K」の本体性能について述べてきた。今回はまず最初に、彼女の希望もあってプラスしたブルーレイディスクドライブについて触れておく。標準構成では、DVDスーパーマルチドライブが搭載されているのだが、映画オタクの友人のたっての願いで、BTOにてブルーレイディスクドライブ(BDXL書込対応)に換装している。

「LuvBook K」

 BTOでは標準のDVDスーパーマルチドライブのほか、ブルーレイコンボドライブとブルーレイディスクドライブ(BDXL書込対応)が選択可能となっている。友人の場合、映画鑑賞と仕事の両立を考えると、ブルーレイディスクドライブ (BDXL 書込対応)への換装を進言した。

 さて、今回は友人の相談にのるという形でPCを選んできた。一昔前よりは安価になったとはいえ、PCを購入するのは大きな買い物には違いない。そうなると、やはり優先順位を付けるべきだ。今回の友人のように、

  1. ビジネス用途に耐える高性能ノートPC
  2. 自宅内で持ち運びも可能な筺体サイズ
  3. Blu-ray Discドライブ搭載
  4. フルHD対応液晶で画面サイズは大きく
  5. 価格はできるだけ抑え目に(予算は12~13万円)

というような希望をもっている人には、低価格で高パフォーマンスという、かなりワガママな願いを叶えてくれるマシンが必要となる。そして、その願いにピッタリだったのが直販型、しかもマウスコンピューターの「LuvBook K」ということになった。

 購入してから約1週間がたったある日、彼女にその後を聞いてみた。するとかなりの数の映画をBlu-ray Discで楽しんでいるようだ。しかも、資料作りなどの仕事もストレスなく行なえているとのこと。

 また家族も、その価格に驚いていたという。お金を出せば、ハイスペックなマシンは手に入るだろうが、その分、自分には必要のない機能がついていたりもする。そういう意味で、自分のこだわりたいところを十分にこだわり、不要な機能の切り捨てができる直販型のPCは彼女には魅力的だったに違いない。



マウスコンピューター/G-Tune
 
マウスコンピューター/G-Tune

カテゴリートップへ

この特集の記事
マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune