このページの本文へ

日本データテクノロジー(OGID株式会社)が公開

RAIDサーバー機器故障時にやってはいけない4つのポイント

2012年08月17日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月16日、HDDデータ復旧事業を行なう日本データテクノロジー(OGID株式会社)は、「RAIDサーバー機器故障時にやってはいけない4つのポイント」を公開した。

 日本データテクノロジーでは、お盆明けにRAIDサーバートラブルが急増するとした上で、RAIDサーバートラブルにとって自力復旧は一番危険性が高い行為と指摘。注意すべきポイントとして、以下の4つを紹介している。

  • 1.リビルドによるデータの再構築
    もともとのRAID構成が崩れ、データが上書きされ復旧率が下がる危険性が高い

  •  
  • 2.HDDの順番を入れ替える・交換する
    入れ替えを行なうと勝手にリビルドが進行し既存のデータが上書きされる危険性がある

  •  
  • 3.HDDを取り外して、単体で電源を入れる
    誤ってフォーマットをしてしまうケースが多く症状悪化だけでなく、最悪の場合復旧負荷に陥ることも

  •  
  • 4.RAIDカードを交換する
    新しいカードの情報により、新しいRAIDを構成するためデータが上書きされてしまう

 詳細については、同社Webページ【RAIDサーバー機器故障時にやってはいけない4つのポイント】を参照のこと。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!