このページの本文へ

中堅中小企業向けファイナンスサービス提供

日商エレ、数千万円のHPストレージを月額8万円で販売!

2012年05月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月23日、日商エレクトロニクスは「HP 3PAR ユーティリティ・ストレージ」用の中堅中小企業向けファイナンスサービスを発表した。

日商エレがファイナンスサービスを提供する「HP 3PAR ユーティリティ・ストレージ」2モデル

 日本ヒューレット・パッカードが本製品の大幅な価格改定を実施したことにあわせたもの。従来、数千万円規模の投資が必要となるが、128TBまで拡張可能な「F200」なら月額8万1680円、384TBまで拡張可能な「F400」は月額9万6310円から利用できる。どちらも9.6TB構成で支払い回数は60回、システム構築および保守サポートの費用は別途必要だ。なお、ファイナンスサービスは事前審査があり、具体的なファイナンスの形式などについては要相談となる。

 また、システム復旧ソリューションである「VMware vCenter Site Recovery Manager」とHP 3PARストレージのディザスタリカバリ機能を組み合わせた災害対策システムの構築支援も行なう。これにより、クラウド環境の災害対策システムを容易に構築できるという。さらに、ユーザーの環境を疑似的に構築し、災害対策システムを検証するサービスも併せて提供する。

 そのほか、ストレージの利用傾向やボトルネックの把握に必要な分析レポートを提供する「性能レポーティングサービス」も用意。物理・仮想化環境を問わず、ストレージのサービスレベルをモニタリングし、詳細にレポートする

カテゴリートップへ

ピックアップ