このページの本文へ

無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)対応モデルも提供

FWが850MbpsのUTM「WatchGuard XTM 33」

2012年02月02日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月1日、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンはセキュリティアプライアンスの新製品「WatchGuard XTM 33」の出荷を開始した。

中小企業向けセキュリティアプライアンス「WatchGuard XTM 33」。無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)対応モデルも提供される

 WatchGuard XTM 33は、50~75ユーザー規模の中小企業をターゲットにしたデスクトップ製品。エンタープライズ製品と同等のパフォーマンスとセキュリティの実現が可能で、ファイアウォールスループットが最大850Mbps、VPNスループットが最大100Mbps、そしてセキュリティ機能をすべて利用した場合のUTMスループットは最大45Mbpsとなる。

 VPN機能はiPhoneやiPadなどのiOSデバイスからの接続に対応しており、リモート環境のPCとのVPN接続も簡単に設定できるという。UTM機能の一部で次世代ファイアウォール機能を提供する「Application Control」を使うことで、FacebookなどWeb 2.0アプリを管理し、社員が社内のPCを私的に利用していないか把握することも可能となる。

 ほかに、クラウドベースのIP/URLレピュテーション・ソリューション「WatchGuard RED(Reputation Enabled Defense)」にも対応しており、インターネット上で攻撃をブロックできる。これにより、ゲートウェイに設置されたアプライアンスでの無駄な処理の低減が可能で、パフォーマンスを高めることが可能になるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ