このページの本文へ

IEEE802.11n対応無線LANアクセスポイント「AT-TQ2450」を一括管理

最大210台の無線APを管理できる「Allied Telesis UWC」

2011年09月29日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

9月28日、アライドテレシスは無線LANアクセスポイントコントローラーの新製品「Allied Telesis Unified Wireless Controller(UWC)」を発表した。

無線LANアクセスポイントを管理する「Unified Wireless Controller」の構成

 これは、同社のIEEE802.11n対応無線LANアクセスポイント「AT-TQ2450」の一括管理を行なうソフトウェア。シームレスでセキュアな無線LAN環境の実現、最大210台までのアクセスポイントによる安定した無線LANネットワークの提供を可能にするといった特徴があるという。

 複数のUWCをグルーピングし、各UWC配下のAPステータスや接続されている無線クライアント情報をクラスターコントローラー(マスター機)で一括監視する機能も搭載する。クラスターコントローラーの設定情報を他のUWCに配信できるため、無線LAN管理工数の削減が可能だ。すべての設定はWeb GUIで行なえる。

 また、同一セグメント内のローミングはもとより、異なるセグメントに存在するAP間でのローミングに対応するため、同一IPアドレスを保持したまま通信継続が可能となる。このため、Wi-Fi IP電話やタブレット端末などの移動しながらの通信についても、シームレスな継続を実現するという。

 価格は、アクセスポイント10台分のライセンスが付属して40万円から。出荷開始は9月30日となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ