このページの本文へ

猛暑を乗り切れ! パソコンで節電特集 第1回

ピークシフトに注目! 1番節電上手なノートパソコンはどれだ?

2011年07月19日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ECOモードの詳細設定で省電力を実現
NEC LaVie S LS550/ES6G

NEC「LaVie S LS550/ES6G」。15.6型液晶ディスプレーにはLEDバックライトを採用して低消費電力に貢献。標準バッテリーによる駆動時間は約2.8時間

「ECOモードの設定」画面。電源プラン「ECO」で省エネ効果を高められる。一見すると、右の電源プラン「省電力」よりも省電力効果が弱く見えるが……

 NECのスタンダードノート「LS550/ES6G」(以下LS550)の省電力機能は、「ECOモード」と呼ばれる。設定画面から電源プランを「ECO」に変更することで、省電力効果の高い電源モードに変更できる。また、ECOモードの設定は通知領域のアイコンからも行なえるほか、バッテリー容量の変化に応じて自動的に電源プランを変更することもできる。

「ECOモードの設定」から「詳細設定」を変更できる。こちらが電源プラン「省電力」の詳細設定

同じくこちらが電源プラン「ECO」の詳細設定。「省電力」プランよりも各種設定が厳しくなっている

電源モードの切り替えは通知領域からも変更可能

バッテリー残量に応じて電源プランを自動的に変更することが可能

 LS550のピークシフト機能は「ピーク機能設定」から設定できるが、利用するには設定プログラムをインストールする必要がある。インストールファイルはNECの製品情報サイト「121ware」の「サービス&サポート」ページからダウンロードする。

 ピークシフト機能設定で設定する項目は少なく単純明快。バッテリーで動作させる期間と時間帯を指定するだけだ。なお、バッテリー容量に応じてピークシフトを停止する設定も可能だ。バッテリー駆動時間は、スペック値で最大約2.8時間とそれほど長くないが、基本的に据え置きで使う製品であるから、バッテリー駆動時間をめいっぱいピークシフトにあてるという設定でも、問題ないだろう。

「ピークシフト設定ツール」での設定はシンプル

 LS550の節電機能は、ECOモード設定でかなり細かく各種節電項目を調整できる点が高ポイントだ。やむをえない節電の中でも譲れない部分(例えばバックライトの明るさ)がある場合には、好みに合わせたカスタマイズができる。一方、ピークシフトの設定はとくに細かなことを考えなくても、基本設定に従うだけでも節電に貢献できるだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン