このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

au夏モデル新商品発表会 INFOBARにG’zOneと注目ブランド多数第9回

特に注目したのは「G'zOne」と「INFOBAR」の2台

auの夏のスマホもネチネチ触ってみた

2011年05月17日 20時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 auが発表したスマホは6機種。G'zOneやINFOBARといった、ケータイの人気シリーズがスマホに続々登場した。詳しいスペックなどは別途記事を見ていただくとして、ここでは本体や画面写真を中心に、今回注目した機種を詳しく見ていこう。

頑丈さで最強スマートフォン
「G'zOne IS11CA」

 G'zOne IS11CAの防水性能はIPX5のほか、より強力なIPX8にも対応する。ただしタッチパネルは一般的なスマートフォンと同様に静電容量方式なので、水に浸けると水中の静電気に反応し、メニューが勝手に開いたり閉じたりする予期しない動作を繰り返した。この防水性能は水中で操作するのが目的ではなく、万が一、水中に沈んだとしても端末内部に水が入りませんよ、という意味なのだ。

防水性能を誇示するデモも

 耐衝撃性能は米国防総省の調達基準であるMIL規格による落下試験をクリアするほどだ。端末の「おでこ」部分がわずかに出っ張っているのは、落下時に画面が地面に直接衝突するのを防ぐための工夫。

 画面とボディーの間にもわずかな段差があり、落下時に画面が割れにくくなっている。なお、国際ローミングはCDMA/GSMの双方に対応する。また、ドコモの「MEDIAS WP N-06C」と同様、文字入力はT9方式に対応している(関連記事)。ATOKとの相乗効果で、1文字ほぼ1キーですばやく入力できる。

落下時用に角はバンパーのようになっている

 背面カバーはラバーの質感である。色はカラバリに関係なく、黒で統一してある。菱形のエンボス加工があり、斜めに傾けても手の平から滑り落ちない。下部のロックをスライドすると特に専用工具などは必要なく、カバーを取り外せる。

背面カバーもなかなかカッコイイ

 一般的なスマホと異なり、正面下部にステレオスピーカーを搭載する。音楽などをステレオで楽しめるのはもちろん、着信音やアラームを2個のスピーカーで音を出しているので、大音量で鳴る。ちなみにステレオスピーカーとマイク、電話用スピーカーの計3ヵ所は高分子フィルターを内蔵しており、塵や埃、水分の侵入を防いでいる。

ケータイとしては珍しく、下部にスピーカーが

 左側面にある独自の“アクティブスロット”ボタンを長押しするとランチャーが起動し、事前に登録したアプリをタップで起動できる。画面ロックがかかっていても、自動で解除してくれるのが便利。ランチャーには、メニューボタン→[設定]で任意のアプリを登録できる。なお、アクティブスロットの機能は[個人設定]→[ACTIVEキー設定]で検索などへ変更できる。フラッシュライトを割り当てると、夜道などですばやく点灯できて安心だ。

 ケータイのG'zOneから受け継がれたオリジナルアプリ「G'z GEAR」は「EARTH COMPASS」(方角)、「SEA TIDE」(潮位)、「TRIP MEMORY」(移動履歴)、「SUN/MOON」(日と月の出入り)、「THERMOMETER」(温度)、「STAR PLATE」(星座)の6個のツールで構成されている。ツールの切り替えはタップのほか、本体を振ることでもでき、片手でラクラク操作できる。6個のツールのうちEARTH COMPSS/SEA TIDE/SUN/MOONは専用ウィジェットも利用できる。

温度センサーは端末の発熱の影響を受けにくい正面左上部に搭載する。しかし、しばらく端末を操作していると、どうしても表示気温が高めになるSUN/MOONを使うと、あと何時間でどちらの方角に月が昇るかがわかり、天体撮影などに重宝する。ちなみに方角はEARTH COMPASSのほか、ウィジェットやロック解除画面にも表示される

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン