このページの本文へ

PowerVault MDとの連携で192TBに!

デル、DSFS対応のNASストレージ「PowerVault NX3500」

2012年08月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月22日、デルは「DSFS(Dell Scalable File System)」ベースのNAS「PowerVault NX3500」の販売を開始した。

Dell Scalable File Systemに対応する「PowerVault NX3500」

 PowerVault NX3500はヘッドとして動作し、iSCSIストレージアレイ「PowerVault MD32x0i」もしくは「MD36x0i」と組み合わせることで、ブロックアクセス(iSCSI)とファイルアクセス(NFS及びCIFS)を実現するユニファイドストレージとして構成できる。PowerVault NX3500自体は2台のコントローラーとバックアップ電源ユニットで構成される。

PowerVaultユニファイドストレージソリューション概略構成図(Direct 2 Dell 日本版より)

 バックエンドストレージの「PowerVault MD」シリーズと連携することで、物理容量として最大192TBを共有できる。NASボリュームはオンラインで拡張可能。また、ユーザーレベルでリストア可能なスナップショットや非同期レプリケーション、NDMP(Network Data Management Protocol)バックアップの対応など、データ保護に関する機能を備えている。

カテゴリートップへ

ピックアップ