このページの本文へ

ボックス型で世界最速を謳うパフォーマンス

60Gbps超を誇るアレイのフラッグシップ「APV9650」

2011年04月04日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月1日、アレイ・ネットワークスは最大60Gbpsのスループットを実現するアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)「APV9650」を発表し、出荷を開始した。

アレイ・ネットワークスのアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)「APV9650」

 APV9650はデータセンターの仮想化を想定したハイエンドとなるADC製品で、10GbEインターフェイス搭載、2048ビットのSSL暗号化への対応、ソフトウェアアップデートによるIPv6への対応、数百万以上のユーザーからのアクセスへの対応などが大きな特徴となる。同社独自のSpeedCoreにより、マルチコアCPUを用いた並列処理を効率的に行なえる。ローカルおよびグローバルでのロードバランシング、アプリケーションファイアウォール、SSLアクセラレーション、TCPの集約化、動的キャッシング、コンテンツ圧縮、さらにサーバーの処理効率を最大化し、アプリケーションの遅延を最小限に抑えるWAN高速化の機能などを搭載する。

カテゴリートップへ

ピックアップ