このページの本文へ

Cloud ISLEブランドに「SOD-NEXTプライベートクラウドパッケージ」追加

ビットアイル、月額21万円からのVMwareプライベートクラウド

2011年02月18日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月17日、ビットアイルは、Cloud ISLEブランドで展開するクラウドコンピューティングサービスに、プライベートクラウドの利用モデル「SOD-NEXTプライベートクラウドパッケージ」を追加。同日より提供開始した。

SOD-NEXTプライベートクラウドパッケージ概要図

 SOD-NEXTプライベートクラウドパッケージは、VMware vSphereベースのIaaSサービス「サーバオンデマンドNEXT」に、仮想化サーバ単位で提供されるクラウドリソースとvCenterによるクラウド管理機能を組み合わせて提供するクラウドコンピューティングサービス。

 顧客は、クラウド管理機能により、自社固有のクラウド環境のように、自由にゲストOS(仮想マシン)の作成・変更やクローン、テンプレートの作成など、柔軟なサーバ構築・運用管理ができる。

 また、サーバオンデマンドNEXTのクラウド基盤はハードウェアがすべて冗長化されており、VMware HAなどのVMware vSphereの機能とあわせて高い可用性を実現。FCoE(Fibre Channel over Ethernet)などのネットワーク技術や高速なサーバーおよびストレージを採用し、高可用性かつ高性能のリソースが利用できるという。

 価格は、初期費用が8万円、利用料金は月額21万円(税別)から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ