このページの本文へ

スマートフォンの安全な利用促進を支援

ラック、スマートフォン向けのセキュリティ研究所を開設

2011年01月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月20日、ラックは、スマートフォンのセキュリティならびにスマートフォンを活用したサービスなどに対する脅威を研究しセキュリティ対策を支援する「スマートフォンセキュリティ研究所」(以下、SSL:Smartphone Security Laboratory)を開設する。

スマートフォンのセキュリティ対策を支援する「スマートフォンセキュリティ研究所」を設立

 スマートフォンは、利便性の高さから急速に普及すると予想される。しかし、Android用アプリケーションでは、市場に流通する前のセキュリティ審査も十分でなく、米国の調査によると2割以上のアプリケーションにセキュリティ上の危険性が存在するという調査結果もある。このような背景により、企業がスマートフォンの導入を躊躇し、利用の促進が適切に進まない懸念があるという。

 同社では、セキュリティ上の不備、悪意のあるアプリケーションやサービスにより、利用者が不利益を被らないよう、安全なアプリケーションの開発プロセスの確立や、その利用方法を検討し、アプリケーションの安全が満たされているかどうかの確認が最低限必要であるとしている。

 そのためSSLでは、まず始めにKDDIのビジネス向けアプリケーションを紹介する「Business App NAVI」上のアプリケーションの設計上の問題点や仕組みを点検し、安全性を高める取り組みを開始する。なお、「Business App NAVI」では2011年1月末よりAndroidアプリケーションの紹介を開始するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ