このページの本文へ

日本のRSAも「The Security Divison of EMC」に

EMCジャパン、グループ会社のRSAと合併へ

2010年12月02日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月1日、EMCジャパンとRSAセキュリティは2011年1月1日付けで合併すると発表した。存続会社がEMCジャパンで、RSAセキュリティはRSA事業本部となる。

これまで別会社だった日本のRSAセキュリティもついにEMCの一部となる

 米国では、RSA Security Inc.は2006年9月にEMC Corporationに買収されており、「RSA, The Security Division of EMC」としてEMCのセキュリティ部門となっている。少々時間はあいたが、日本でも同様の体制になったわけだ。

 RSA事業本部の本部長には、RSAセキュリティ営業本部長の山田秀樹氏が就任する。RSAセキュリティ社長の山野修氏は、EMCジャパンの執行役員副社長にも就任しており、2011年以降は副社長のポストでRSA事業本部を見ていくことになる。

 なお、米EMCはサーバー仮想化で有名な米ヴイエムウェアの大株主であるが、こちらは米国でも合併は行なっていない。サーバー仮想化の利用にはストレージが重要な要素となるが、ネットアップなどEMC以外のストレージを好むユーザーも存在するための戦略と思われる。

カテゴリートップへ

ピックアップ