このページの本文へ

Microsoft Lync 2010対応の「Jabra SPEAK 410」

Jabra、直径120mmのボイス会議用スピーカーフォン

2010年11月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月29日、Jabra(ジャブラ)ブランドを展開するGN ネットコム ジャパンは、「Jabra SPEAK 410」を発表。12月2日より出荷開始する。

Jabra(ジャブラ)ブランドを展開するGN ネットコム ジャパンは、「Jabra SPEAK 410」を発表

 Jabra SPEAK 410は、直径120mmのコンパクトなMicrosoft Lync 2010対応スピーカーフォン。ボリュームを最大にしても音質に歪みが出ないエコーキャンセルシステムを内蔵するほか、360度対応マイクロフォンを搭載し、スピーカーフォンの全方向の参加者が視聴できるのが特徴だ。また、3.5mmのヘッドセットポートに、ヘッドセット(別売)を接続すれば、相手の音声を秘密にすることもできる。

 なお、Lync 2010のほかに、Cisco IP Communicator、 Cisco UC Personal Comuunicator、 Avaya One-X Communicator、 Avaya One-X Agent、 Avaya IP Softphone Lotus Sametime、 Skypeなどにも対応可能だ。

 主な仕様は本体サイズが直径120×高さ32.5mm、重量は185g。ケーブル長が900mm、マイクレンジは100Hz~10kHz、スピーカーレンジが200Hz~15kHz。対応OSはWinodws XP/Vista/7。価格は2万1000円(税込)となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ