このページの本文へ

「LifeSize LRS1000 for Microsoft Lync」発表

Microsoft Lyncに対応するビデオ会議システム

2013年03月01日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ライフサイズ・コミュニケーションズは2月28日、マイクロソフトのビジネス向けコラボレーションソフト「Microsoft Lync」に対応したビデオ会議システム「LifeSize LRS1000 for Microsoft Lync」を発表した。2013年第2四半期から注文を受け付けるという。

ビデオ会議に必要なデバイスを備えた「LifeSize LRS1000 for Microsoft Lync」

 Microsoft Lyncは、ビデオ通話によるオンライン会議やインスタントメッセンジャー、グループチャットができるコラボレーションソフト。PCおよびモバイル端末に対応している。

「Microsoft Lync 2013」では、ビデオ会議やグループチャットが可能

 LifeSize LRS1000 for Microsoft Lyncは、ビデオ会議に必要なWebカメラやタッチスクリーンなどを備えたシステム。「Microsoft Lync 2013」および「Microsoft Lync 2010」に対応し、簡単にファイルの共有やビデオ通話ができるとしている。

 同システムは、旧式になったビデオ会議システムから、Microsoft Lyncへの置き換えを促進する「Microsoft Lync Room Systemプログラム」の一環として提供されるとのこと。このプログラムには、現在ライフサイズ・コミュニケーションズ、クレストロン、ポリコム、スマートテクノロジーズの4社が参画している。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ