このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第78回

トラックボール派待望の無線モデル ロジクール M570

2010年10月29日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Logicool Wireless Trackball M570

 キーボードやマウスといったユーザーにもっとも身近な入力デバイスは、好みやこだわりが出やすいものだ。手に馴染む使い慣れたものに出会うと、ほかのものにはなかなか代え難い。パソコンは何世代も買い換えているのに、キーボードやマウスは同じ製品を延々と使い続ける……そういう人は珍しくないだろう。

 一般的には日陰者ながら、根強いユーザーニーズに支えられ続けている入力機器がトラックボールだ。熱烈な愛好者はいるものの、ユーザーの絶対数の少なさからなかなか新製品が登場しないトラックボールの世界に、ロジクールが待望の新製品を投入した。それが今回紹介する「Logicool Wireless Trackball M570」(以下M570)だ。トラックボール歴20年、ロジクールトラックボール歴は15年という記者が、M570の魅力についてレポートしてみたい。

Logicool Wireless Trackball M570 Logicool Wireless Trackball M570

 2年前のこちらの記事でも触れているが、トラックボールには大きく分けて、3種類の形態がある。

センタータイプ(人差し指タイプ)
玉は中央に位置し、人差し指や中指で操作する。左右どちらの手でも操作しやすい。
親指タイプ
玉は左に位置し、親指で操作する。マウスと使い心地が似ているが、左手では操作しにくい。
手のひらタイプ
大きな玉が中央に位置し、手のひらで操作する。操作感はセンタータイプに近い。高額な製品が多い。

 トラックボールがマウスに比べて何がいいかと言えば、まず「場所をとらないこと」だろう。マウスのように、大きくカーソルを動かすのに場所を必要としたり、「どっこいしょ」と本体を持ち上げて位置を直す、なんてことは無縁だ。M570の場合、縦15×横8cmほどの空間があれば使える。その気になれば太股の上でだって自在に使える。

 本体を持つ必要がないので、長時間使っても手首にかかる負担が少ないという利点もある。こちらの記事にもあるが、「手の怪我が元でトラックボールを使うようになった」という声は意外に多い。

 一見すると細かい操作に向かないように見えるが、ボールの動きとボタンが完全に独立しているので、マウスよりも精密な操作に向く面もある。ボタンのクリックによるブレや振動で、カーソルが微妙に動くという心配があまりないのだ。

 マウスと違って安定した水平面がなくても使えるという利点もある。この利点と場所をとらない利点を合わせて、揺れる船の上でのパソコン操作に、トラックボールを使っているケースもある。

 ドキュメンタリー専門チャンネル「ディスカバリーチャンネル」を見ていると、「ベーリング海の一攫千金」や「海底のトレジャーハンター」といった船上を舞台とする番組の中で、パソコンの脇にロジクールのトラックボールが置かれているのをよく目にする。また戦闘艦の戦闘指揮所(CIC)のコンソールでは、デスク埋め込み型のトラックボールを使うのが珍しくない。いずれも上記の利点によるものだろう。

ついに登場! TrackMan Wheelのワイヤレス版

M570(左)と現行製品のTrackMan Wheel M570(左)と現行製品のTrackMan Wheel。ボールの色やボディーカラーは異なるが、ボールやボタンの配置は同様

 前置きが長くなったが、M570は同社のトラックボール製品「TrackMan Wheel」の改良+無線化と言える製品で、親指タイプに分類される。センタータイプのワイヤレス式は、「Cordless Optical TrackMan」が現行製品に残っているのだが、親指タイプのワイヤレス式は、製品ラインナップから落ちて久しい。TrackMan Wheelユーザーからは、新しいワイヤレス式製品が待ち望まれていた。

 M570はTrackMan Wheelのデザインをほぼ継承しつつ、時代に合わせた改良点が加えられた製品だ。ボールが本体左、右手親指の位置に配置され、上部に左右ボタンとその間のホイール(クリック可能)が配置されたデザインは変わらない。若干細部のデザインやボディーの曲面形状が異なるが、親指タイプトラックボール、特にTrackMan Wheelユーザーなら違和感なく使えるだろう。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン