このページの本文へ

痛車でラリー! メロンブックスインテ奮闘記 第9回

今期3勝目! メロンインテ、新城ラリーで圧勝

2010年10月14日 20時46分更新

文● 中村信博 ●写真/中島正義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

生放送やインカービデオ配信など
ファンも大いに盛り上がった新城ラリー

レッキに向かうメロンインテとめろんランサー

これが今回から新たに装備されたカメラステー。エクスペリア用にワンオフで作られているのだ! 山奥の電波が繋がりにくいところ以外は、割と快適にストリーミングできていた。これがもっと進化していけば、ギャラリーのないステージでもファンが状況を把握できるし、なんといってもラリー観戦をさらに楽しめるだろう

もはやラリー会場でお馴染みになったメロンブックスブース。今回の新商品はバケットシート&ヘルメット付きめろんちゃんぬいぐるみ。9000円と決して安くなかったが午前中で完売!

イベントが終わる頃にはほとんどの商品が売り切れていた。唯一残念なのは、ブース名に「ス」が抜けていたことか……

相変わらず子供たちに絶大な人気を誇るデカめろんちゃん

今回のメロン箱は非常に充実していた。多くの人がウチワなどを手にしていた

ギャラリーできないステージはストリーミングをみんなで見て楽しむスタイル

天候がよかったせいか、土日ともども多くのお客さんがサービスパークに詰めかけた

外れないようにガッチリとセットされた、サブ・コ・ドライバーのめろんちゃん(バケットシート&ヘルメット付き)

超監督と作戦会議中の田中選手

毎度毎度、ステージイベントのプレゼンターとして引っ張り上げられる「めろんちゃんズ」。もはや違和感がなくなっているところがスゴイ

ナイトレースだから? デイ1で無事に戻ってきたメロン号をサイリウムで迎えるファンたち。一瞬ラリー会場ということを忘れてしまう光景だ

ファンの手描きによるイラストで選手たちを労う。夕張メロンクマもインパクト大!

プロドライバーによるド迫力のデモランも新城名物だ

クラス優勝で堂々のシャンパンファイト! インテグラでランエボやインプに迫るなんてカッコ良すぎ

めろんちゃんズも加わり、記念撮影。公道最速の痛車はメロンインテに決まり!

こちらは勝利の美酒としていただいた、愛知県の地酒「蓬莱泉」

メロンブックスブースで販売されていた「めろんサイダー」。去年の新城ラリーで女子高生がサイダーを販売していたが、それに対抗して作ったとメロンブックスの方談。だが、今年は女子高生は出店していなかった……

メロン号独走という、あまりの嬉しさにチームフラッグを振りまくる超監督

レース後、様々なメディアからのインタビューに答える、眞貝&田中選手

蓬莱泉とメロンサイダーでシャンパンファイトしたいところ

メロンブックス痛車が揃い踏み。ヘッドクオーターをバックに3台並べて記念撮影

めろんランサーの浜&石原選手も入ってパチリ。メロンブックス・ラリーチャレンジにとって、最高の結果で終わったイベントだった

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ