このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「週刊アスキー800号記念 週アスLIVE! やりすぎましたSP」

800号記念特大イベント「週アスLIVE!」開催

2010年09月11日 23時50分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋葉原UDX2階のイベントスペース「AKIBA_SQUARE」にて、週刊アスキー読者感謝イベント「週刊アスキー800号記念 週アスLIVE! やりすぎましたSP」が開催された。

800号記念ということで、規模を拡大して開催した「週アスLIVE!」。800号ぶんの週刊アスキーを特大パネルで展示するなど、21年ぶんの週アスの歴史が一目でわかるイベントとなっていた会場では、初音ミクが表紙の「週刊アスキー秋葉原限定版 会場限定バージョン」を無料配布。午後4時頃に在庫が底を付き、配布が終了した

 6回目となる今回のイベントは、週刊アスキーの創刊800号を記念した特大イベント。豪華ゲストを迎えてのステージイベントはもちろん、自作PC早組み大会や、オーバークロックデモ、そして物販も大いに盛り上がった。ここではその様子をフォトレポートでお届けしよう。

ステージイベント

トップバッターは「アイドリング!!!」。メンバーのうち10人が出演し、800号の表紙撮影に関するウラ話を聞かせてくれたそしていよいよ、その800号の表紙を会場でお披露目!
2ショット写真が撮れるケータイアプリにアイドリング!!!が起用された。その延長で機種変更に話が及ぶと、なんと持ち歌「機種変エクスタシィ」を披露してくれたケータイ内蔵カメラでアイドルと2ショット画像が撮影できるケータイアプリ「アイ撮ル」。この第1弾アイドルとして起用されたのが彼女たちアイドリング!!!だ
アニメ「東のエデン」の神山健治監督を招いてのトークショー。作品の舞台となるニューヨークとワシントンについて、そして海外での同アニメに対する反応などを語った初音ミクの生みの親であるクリプトンの佐々木渉氏(写真左)と、セガの内海洋氏のトークショーでは、初音ミク感謝祭を開催したきっかけや、ゲーム化のいきさつを振り返った
TBSラジオ「週刊デジタリアン」の公開録音に挑む豊田綾乃アナと、週アス総編集長・F岡公開録音には、マイクロソフトの森洋孝氏と、週アス編集長の宮野も参加。800号までの歩みと、PCとウィンドウズの進化の歴史を語った
週アスの人気連載「WEB0.2」のメンバーが会場に集結し、大喜利を披露。映画のワンシーンを無理やりアフレコする“アフレコ大喜利”など、ライブならではのお題に即興で答えて会場を沸かせていたテレビシリーズ2ndシーズンの2年後を描いた「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」の水島精二監督が登場。公開が間近に迫った同作品の魅力をタップリ語ってくれた
ニコニコ動画の“踊ってみた”などで話題のダンスロイド。その新たなメンバーを決めるオーディションの最終審査を会場で実施。なかには裸足で踊る子も!
新メンバー誕生の瞬間。審査員はキャラクター性を重視し、すでにダンスロイドとして活躍している“いとくとら”さんと“愛川こずえ”さん(右写真両端)に合うメンバーを選んだという。結果、新メンバーとなったのは計3人!

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中