このページの本文へ

プロセッサーの向上で従来より高速に

EMC、重複排除ストレージ「Data Domain DD670」投入

2010年08月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月19日、EMCジャパンはバックアップ時に重複除外を自動的に行なう「Data Domain重複排除バックアップストレージ」の新機種「EMC Data Domain DD670」を発表した。

重複除外バックアップストレージ「EMC Data Domain DD670」

 DD670では、高速CPUの搭載により、従来のDD660に比べて大幅にパフォーマンスが強化された。また、重複除外処理を分散化する「EMC Data Domain Boost」を利用することで、5.4Tbpsという処理能力を実現した。これにより、比較的小さなData Domain製品を使っているリモートオフィスからの複製を最大90箇所まで保持することが可能になり、バックアップ・アーカイブだけではなく、災害対策でも有効だとしている。最小構成・税込みで2320万円~となっている。

 2Uラックマウントの筐体に、12台の1TB HDDを内蔵可能。さらに同時に販売された拡張シェルフ(外付けHDDユニット)である「ES20-32TB」を2台まで追加でき、これにより合計76TBもの容量を実現する。重複除外を用いてデータ削減したのちの論理容量として、最大2.7PBまでをサポートするという。

 その他、DD670や「DD880」「DD GDA」向けの8Gbpsファイバチャネル、フェールオーバー対応の10GbE接続オプションも追加した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ