このページの本文へ

週刊 PC&周辺機器レビュー 第67回

高解像度とタッチが光るUSBモニター LCD-USB10XB-T

2010年08月12日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ワイドSVGAの解像度はサブディスプレーに最適

 多くのアプリケーションを同時に駆使して作業する場合、マルチディスプレーは作業効率を上げるのに非常に役立つ。余談になるが、記者はモバイルノートのVAIO type Zで仕事をしており、ノート本体に20型1680×1050ドットのディスプレー(ドッキングステーション経由でDVI接続)と、センチュリーの8型800×600ドットのUSBディスプレー「LCD-8000U」を接続した3画面環境で作業している。

記者の作業環境

記者の作業環境。左から20型1680×1050、13.3型1600×900、8型800×600の3台

 サイズの大きな20型は、ウェブブラウズとテキスト編集といったメイン画面、発色のいいノート本体のディスプレーは写真の確認や編集などに使っている。残るUSBディスプレーは主にメーラー表示用。必要なメールを迅速に確認、対応するためには、メーラーは常時表示しておきたいからだ。Twitterクライアントの常時表示に使うのもいい。

 しかしメーラー用とはいえ、800×600ドットの画面はさすがに狭い。メール一覧が狭くて確認しにくかったり、メールの本文が折り返されて読みにくい。結局広い画面にメーラーのウインドウを移動させて確認するといったこともしばしばだった。一般的な800×480ドットのUSBディスプレーでも、状況は同じだろう。

 その点LCD-USB10XB-Tなら、横方向に1024ドットあるので快適さが大きく変わる。下に並べたのはメーラー「Shuriken 2010」を、800×600ドットと1024×600ドットの画面で最大化表示したものだ。横方向に224ドット分多いだけなのだが、表示文字数が大きく違うのがわかる。8ポイント程度の小さいフォントだと、18文字ほど多く表示できるので、大抵のメールは本文が折り返されずに表示できる。一覧部分の情報量も多い。

800×600ドット(左)と1024×600ドットでメーラーを全画面表示した状態。横方向の文字数が大幅に増えて、読みやすさが格段に変わる

 ウェブブラウザーやExplorerの表示もLCD-USB10XB-Tの解像度なら快適だ。ASCII.jpを表示した場合、右側のタブや広告もほとんどがスクロールせずに一覧できる。Explorerで「大アイコン」表示にしても、アイコンを7~8列並べて表示できる。ファイラー用画面にも最適だろう。サブディスプレーとしては申し分ない。

Internet Explorer 8でASCII.jpを表示

Internet Explorer 8でASCII.jpを表示。本文全体に右横のペインもほぼ全部表示されている

Explorerを「大アイコン」で表示

Explorerを「大アイコン」で表示。一覧できるファイル数が増えるので、ファイルの確認作業がはかどる

LCD-USB10XB-Tを右端に設置した記者のデスクトップ

LCD-USB10XB-Tを右端に設置した記者のデスクトップ。横方向は4304ドット(画像は横800ドットに縮小)。3つのディスプレーそれぞれに必要な情報を表示できるので、作業効率が大きくあがる

 USBディスプレーはコンパクトかつ軽いので、例えば出張時にノートと一緒に持って行くのにも便利だ。記者も海外出張時にUSBディスプレーを持って行き、現地での作業効率が向上したのを実感している。LCD-USB10XB-Tの重さは約830g。ACアダプターを合わせても1kg程度なので、得られる作業の快適さに比べれば軽いものだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン