このページの本文へ

iPhoneから参加できる無料アプリも同時に発表

RADVISION、9拠点まで同時接続でぎるビデオ会議システム

2010年06月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月24日、RADVISION Japanは、「SCOPIA XT1000シリーズ」と「SCOPIA Mobile」を発表。同日より販売開始した。

ビデオ会議ソリューション「SCOPIA XT1000シリーズ」

 SCOPIA XT1000シリーズは、Full HDビデオ(1080p/30fps)に光学10倍カメラと最新のフルバンド音声符号化方式のオーディオを備えたビデオ会議ソリューション。さらに2画面ビデオとWUXGAのワイド画面によるデータ共有や、最大9拠点まで同時接続が可能となっている。

 また、インターネット上でパケットロスが発生しても自動的に画質を調整するH.264SVCを搭載し、安定した品質を実現したとしている。価格はオープンプライス。

 一方、SCOPIA Mobileは、Apple Storeなどからダウンロードすれば、iPhoneやiPod Touch、iPad、Blackberryなどのスマートフォンなどからビデオ会議に参加できる無料アプリ。現時点では音声のみの参加だが、年内にはスマートフォンに搭載されたカメラによりビデオ会議も可能となる予定とのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ