このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ここが変わった! 早わかりOffice 2010特集 第1回

Office 2010の製品ラインナップと新機能の概要

2010年05月17日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Office 2007」の発売から約3年半を経て、最新版となる「Office 2010」が登場する。すでに5月1日からボリュームライセンス製品が提供されており、パッケージ製品やパソコンへのプリインストール製品も、6月17日に発売される。

 本特集では主に個人ユーザーを対象として、Office 2010のラインナップから新機能の解説と検証、さらに注目されるウェブ版Office 2010でできることなどを解説したい。まず特集第1回では、Office 2010のラインナップと、おもな変更点をまとめてみた。


Office 2010パッケージ製品のラインナップは5種類
売れ筋はPowerPoint付きの「Home and Business」か

 Office 2010のラインナップには、統合パッケージ製品とプリインストール製品、ボリュームライセンス製品、そして単体パッケージ製品の4種類がある。それぞれの製品について、エディションや価格をまとめた。

統合パッケージ・プリインストール製品

 パッケージ製品として販売されるほか、パソコンにプリインストールされて提供されるのは以下の4エディションである。

Office Professional 2010

Office Professional 2010

Office Professional Academic 2010

Office Professional Academic 2010

Office Home and Business 2010

Office Home and Business 2010

Office Personal 2010

Office Personal 2010

 パッケージ/プリインストール製品ともに、含まれるアプリケーション構成はOffice 2007と大きな変更はない。Office 2007の「Standard」にあたるエディションが、Office 2010では「Home and Business」と名称変更されている。また、「Professional」には「OneNote」が追加されている。

 そして、Office 2007にあった「全部入り」の「Ultimate」は外れているため、最上位の統合製品は「Professional」ということとなる。

 なお、Personalには「2年間ライセンス版」があるが、パッケージ販売はされず、ネットブック向けのプリインストール版のみが提供される。また、2年間ライセンスを永続ライセンスに変更できる「永続ライセンス変換パッケージ」も提供される。

 統合パッケージ製品とプリインストール製品のそれぞれの構成と参考価格(価格はオープンプライス)は以下のとおり。「Office Professional Academic 2010」(通常版価格 2万8381円)に含まれるアプリケーションは、「Office Professional 2010」と同等である。

Professional Home and Business Personal Personal 2年間ライセンス版
Word 2010
Excel 2010
Outlook 2010
PowerPoint 2010
OneNote 2010
Access 2010
Publisher 2010
通常版 価格 5万9800円 3万4800円 2万9800円
アップグレード優待版 価格 3万7800円 2万5000円 1万5800円 1万800円※1

※1 永続ライセンス変換パッケージの価格。

 それぞれの価格は、Office 2007と比較して約3割程度安く設定されている。アプリケーション構成的には、最小構成で最低価格の「Personal」にPowerPointが追加された「Home and Business」が、パッケージ/プリインストールともに主力製品となりそうだ。

 Professionalは「Access 2010」とPublisherを必要とするユーザーに向けた製品であり、コンシューマー向けのパソコンにプリインストールされることはまずないだろう。

Office 2010には32bit版と64bit版がある

 各パッケージ製品(アプリケーション単体の製品も含む)のDVDには、32bit版と64bit版が両プログラムが収録されている。そして、インストール時に通常の手順を踏むと、自動的に32bit版がインストールされる仕様となっている。64bit版をインストールする場合は、自動起動せずにDVDを開き、「x64」フォルダーからインストールを開始する必要がある。

64bit版のインストールは……

64bit版のインストールは、x64フォルダーにあるインストーラーを自分で実行する必要がある

 Office 2010では32bit版と64bit版が同梱されてはいるものの、マイクロソフトとしては32bit版を推奨していると言える。実際にマイクロソフトは開発者向けブログ「Microsoft Office 2010 Engineering」にて、「現時点では32bit版を推奨する」という旨の発言をしている。

 また、アップグレードインストールにも関連することだが、64bit OS環境に旧Office(32bit版)がインストールされている状態で、64bit版をアップグレードインストールしようとすると、インストール前に旧Officeをアンインストールするよう促される。

旧Officeのアンインストールを促される

64bit版のアップグレードインストール前には、旧Officeのアンインストールを促される

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン