このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ここが変わった! 早わかりOffice 2010特集 第2回

Word 2010、Excel 2010、IME 2010の新機能はこれだ!

2010年05月18日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Office 2010の各アプリケーションも、それぞれ新機能が搭載されたり、一部の機能が変更/強化されている。Office 2010特集2回目では、Home and Businessエディションに含まれる各アプリケーションについて解説する。まずはWord 2010、Excel 2010、そしてIME 2010について、それぞれの新機能や改善点をピックアップしていこう。

 なお、Office共通の特徴については、特集第1回を参照のこと。


Word 2010の新機能

 Word 2010では劇的な新機能追加というものは見られないが、文書作成をより快適にする新機能が追加されている。アウトライン表示やページのサムネイル表示で編集が快適になる「ナビゲーションウインドウ」や、文書内のテキスト自体にデザイン装飾を施せる機能などが搭載された。


ナビゲーションウインドウ

ナビゲーションウインドウ

「表示」タブの「ナビゲーションウインドウ」をオンにすると表示できる「ナビゲーションウインドウ」。一番左のタブ「見出し検索表示」では、文書内の見出しを検索してアウトライン表示する。見出しをクリックすればその位置にジャンプできる

 ナビゲーションウインドウとは、文書の情報を表示・検索することで、編集効率を向上させる機能だ。有効にすると、ウインドウ左にナビゲーションウインドウペインが表示される。ちょうどWord 2007にあった、「見出しマップ」「縮小表示」機能が合体したような感じだ。文書内の見出しを表示してアウトライン表示したり、各ページのサムネイルを表示したりできるほか、ここから文書内の検索もできる。

「ページ検索」表示

ナビゲーションウインドウの「ページ検索」表示。各ページがサムネイル表示される。サムネイルをクリックするとそのページにジャンプする

 ナビゲーションウインドウ内の検索ボックスにキーワードを入力すると、検索されて該当箇所が表示される。また見出し検索、ページ検索のそれぞれでも、キーワードを含む部分がハイライト表示される。これによって、検索後の見出し単位・ページ単位のジャンプが簡単になる。

「検索結果」にそのキーワードを含む箇所が抜粋されて表示

ナビゲーションウインドウで検索キーワードを入力すると、一番右のタブ「検索結果」にそのキーワードを含む箇所が抜粋されて表示され、文書ペインでもキーワードがハイライト表示される

当該箇所へすぐにジャンプ

検索すると、キーワードを含む見出し、ページのサムネイルがハイライト表示され、当該箇所へすぐにジャンプできる

 なお見出し検索表示では、見出し語をドラッグ&ドロップして「見出し+段落」を丸ごと文書のほかの場所へ移動できる。また右クリックからは、見出しのレベル調整や削除、見出しごとの印刷など見出しに関する各種操作ができる。

ナビゲーションウインドウの「見出し検索」表示では見出しレベルで操作できる

ナビゲーションウインドウの「見出し検索」表示では見出しレベルで操作できる

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン