このページの本文へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile 第46回

タッチパネルとなった新NetWalkerを試作機でチェック

2010年04月28日 12時00分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本体上面

本体上面。USB(フルサイズ)とmicroSDカードスロット、電源スイッチがある

本体下面

本体下面。左から電源/miniUSBコネクター、ヘッドホン、マイク、ストラップホール


「精度」の高い抵抗膜式
ペンでの書き込みクオリティーは良好

PC-T1のウリは「手書き」

PC-T1のウリは「手書き」。はたしてその実力は?

 では、最大の変化点である「タッチ」の面を見ていこう。タッチというとiPhoneやiPod touchのようなものを思い浮かべがちだが、PC-T1は少々異なる。センサーには、iPhoneなどで使われている「静電容量式」ではなく、PDAなどで長く使われている「抵抗膜式」のものが採用されているためだ。

 静電容量式は指が触れた際の誤動作が少なく、液晶ディスプレーの画質にも悪影響を与えにくい。そのため、iPhoneの成功以降、多くのタッチ対応機器で採用されている。その一方で、1点の検知精度が低く、ペンで文字を書き込むような用途には向かない、という欠点がある。

 対する抵抗膜式は、マルチタッチが難しいこと、液晶ディスプレーの最前面に「膜」を貼るために画質が落ちやすいことなどが欠点ではある。しかしコストが低く、ペンを使っての高精度な入力に向く。

 PC-T1でシャープは、「ペンでの書き込み」に注力したようだ。付属の手書きノートソフト「Xournal」は、手書きのメモをそのまま残す、というシンプルなものではあるが、PDFファイルの上に直接手書きできるのが特徴だ。そうして書き込んだものをPDFで再保存したり、メールなどで送ることもできる。

ペン入力対応メモツール「Xournal」

ペン入力対応メモアプリ「Xournal」。機能はシンプルだが、小型・軽量の機器で動いているものだと思えば十分な能力。PDFファイルに重ね書きできる点が魅力だ

 「その程度?」と思われるかも知れないが、これは意外とニーズが多いにもかかわらず、出荷状態で簡単にできる機器は少ない。タブレットPCでも、PDFへ書き込むならば、別途ソフトを導入せねばならない。

 PC-T1の抵抗膜型タッチセンサーは、技術的には決して特殊なものではないが、精度・画質ともに悪くない。試作機ゆえか、まだまだ未調整と思える部分もあるが、殴り書きにもそれなりに追従する。「紙のように縦横無尽に……」とはいかないが、そもそもの処理能力がタブレットPCに比べ大きく劣ることを思えば、納得できるものだ。少なくとも、同様の機能を持っていたソニーの「VAIO U」や富士通の「FMV LOOX U」よりも書き心地はいいし、液晶ディスプレーの表示品質も高く思える。

 文字入力は、一文字ずつ行なう「手書き入力」と、いわゆるソフトウエアキーボードの両方が用意されている。ユーザーインターフェース的にも、タブレットPCのそれにかなり近い。最小化すると画面端に「タブ」が現れ、再度タップするとウインドウが開くところも似ている。

手書き文字入力は「1文字」単位

手書き文字入力は「1文字」単位。次の文字を入力する時は「重ね書き」していくような形になる。認識クオリティーは十分高い

 Windowsの手書き入力とは異なり、複数の文字をどんどん書いて次々と認識させることは難しく、1文字ずつの認識となる。ペン入力精度の高さから、認識率はかなり高いと感じたが、認識速度はパソコンほど速くない。だからURLの入力など素早く入力したいようなシーンでは、ソフトウエアキーボードを使った方がいい。

 もちろんローマ字入力からの変換もできるので、手書き入力を使わなくてもすべての機能が使える。手書きウインドウが半透過になっているので、狭い画面でも操作性を大きくスポイルすることはないが、「ソフトキーボードをタッチしたはずなのに、なぜか背景のメニューをタッチした扱いになっていた」という現象も若干見られた。この点は、まだソフトが未成熟であるゆえだろうか。

フルキーボードを表示しての操作も可能

フルキーボードを表示しての操作も可能。入力に対する反応は悪くない。ただし、「半角/全角」キーが「A」の隣にあるため、慣れるまで誤入力しやすいのが問題

 さすがに長文を入力する際は、キーボードが欲しくなる。その場合には、Bluetoothキーボードを併用するのがお勧めだ。今回は折りたたみ式のものを含め、2種類ほど手持ちのものを使ってみたが、操作感は良好だ。ノートパソコン的にタッチタイプで長文入力をするなら、PC-Z1のキーボードより「自分の好みが選べる」分だけプラスかも知れない。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン