このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

優木まおみが『ぷよぷよフィーバーDX』で白熱!

2010年03月23日 19時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
優木まおみさん
マツコ・デラックスさん

 毒舌コメンテーターとして名高いマツコ・デラックスさんと、タレントの優木まおみさんが20日、渋谷のClub Camelotで行なわれたau携帯電話によるBluetooth対戦型ゲームのイベントに参加した。

 このイベントは、31日までの期間限定で公開されているWebサイト『GAME CENTER au!』のプロモーションを目的としたもの。同サイトでの告知を通じて集まった一般参加者たちが、最強のボスキャラ「リアルおじゃまぷよ」に扮したマツコさんと『ぷよぷよフィーバーDX』で通信対決を実施。優木さんは戦いを応援する女神役としてステージでトークを繰り広げてくれた。

 白いワンピースで清楚にキメた優木さんがステージを彩りながら、一般参加者から対戦で勝ち抜いた代表1名を選出。いよいよマツコさんとの対決となるが、マツコさんがその巨躯を揺らしてステージに姿を現すと会場も大歓声で応えた。不機嫌そうに報道陣のカメラを一瞥すると、「まおみちゃんのいやらしい写真を撮りに来たんでしょ!」とチクリ。見事な毒舌ぶりを発揮していた。

 一般参加者との優勝決定戦は3回戦方式で、マツコさんがゲームセンターに置いてあるゲーム機を模した箱に入れられた状態でスタート。プレイ中、「何、このでっかいの!」「銀色のやつは何?」「パチンコ玉みたいの!」と連呼し続けるマツコさん。ぷよぷよ歴はわずか5分らしく、ルールすらあまりわかっていない状態だ。銀色とかパチンコ玉とか言っているのは「おじゃまぷよ」のことで、あれよあれよという間に上まで積み上がってゲームオーバー。続く2回戦目も容赦のない攻撃にさらされ、同じ結果に終わった。優勝者には2人のサイン入りニンテンドーDSなどが贈呈された。

 そしてエキシビジョンマッチとして、優木さんとマツコさんの対決も実現。開始前には「マツコ・デラックスさんに勝って、“まおみ・デラックス”になります!」と宣言する優木さん。逆にマツコさんが勝ったら、優木さんが飾る予定のグラビア誌の表紙を奪われると聞いて「本気でやります」と気合も十分。途中で何度か危ない場面もあったが、うまく連鎖をさせながら、マツコさんにおじゃまぷよを送り込んで勝利を収めた。

――お互い、対戦してみていかがでした?
【優木まおみ】ドキドキしました。結構自信はあったのですが、マツコさんが途中でグイグイきましたね。(ぷよぷよ歴5分にしては)すごい成長だと思いました。

【マツコ・デラックス】最強のボスキャラは、まおみちゃんのほうがいいと思うわよ。いろいろ仕事くるし!

――ゲームを終えた率直な感想は?
【優木まおみ】Bluetoothを使って携帯でゲーム対戦ができるのは楽しいですね。我を忘れて白熱しました。

【マツコ・デラックス】これ、対戦ができることが売りだったのね。画期的じゃない! なるほどぉ。

【優木まおみ】今までゲームはニンテンドーDSやPSPで移動の時間にやっていましたけれど、鞄が重たくなっていたんですよ。携帯でゲームができるようになるのは嬉しいですよね。

【マツコ・デラックス】ゲームはドリームキャストの『シーマン』をやって以来。失敗しちゃったゲーム機だけどさ、買ったんだよ、私!

 なお、『GAME CENTER au!』では電池残量などによってつぶやきが変化するマツコさんの“デラックス”な待受画面の配信のほか、Bluetoothによる対戦型携帯ゲームの紹介などを提供中。体験版などもあるのでauユーザーはチェックしてみてはどうだろうか。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ