このページの本文へ

30万円でエージェントレス監視と運用自動化も

サーバー10台を見守るNRIの「Senju Children 10」

2010年02月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月22日、野村総合研究所(NRI)はサーバー10台までを対象とする運用自動化「Senju Children 10」を発売した。

 Senju Children 10はNRIのシステム管理ツール群「Senju Family」のうち、「Senju Operation Conductor」をベースに、中小規模向けシステムの運用自動化を行なうべく、機能を最適化したもの。サーバー10台までをエージェントなしで監視できるほか、独自の「ランブック・オートメーション機能」により、各サーバーの障害を自動的に切り分けることが可能。切り分けた結果に基づき、ログ監視やメールの送信など所定の処理を自動的に行なえる。

Senju Children 10のランブック・オートメーション機能の概要

 サーバー10台分の「エージェントレス監視ライセンス」と「ランブック・オートメーション(マネージャ)ライセンス」に5年間の保守サポートサービスを加えた価格は30万円 (税別)。ディーアイエスソリューションから販売される。

カテゴリートップへ

ピックアップ