このページの本文へ

野村総研がIDに関する意識調査を実施

同じIDやパスワード、複数サイトで併用してませんか?

2009年06月12日 09時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パスワードは数ヵ月ごとに変更する。数字とアルファベット、記号を組み合わせて、個人情報などから容易に想像されないようなパスワードを設定する――頭では分かっていても実践するのはなかなか大変。ついついIDとパスワードを複数のサイト/サービスで併用している。そんなインターネットユーザーの実態が野村総研のアンケート調査で明らかになった。


ネットバンクやオンラインショップも
同じパスワードで!?

 調査結果によると、IDやパスワードを複数のサイトで併用しているという回答者は全体の9割を超える。特にセキュリティー面で不安を覚える「ひとつに統一する」という回答も25.8%と少なくない割合だ。

IDとパスワードを併用していますか? という設問への回答

IDとパスワードを併用していますか? という設問への回答(野村総研のニュースリリースより)

 ID・パスワードの入力が必要なサイトは平均13.4件利用されているが、実際に記憶可能というID・パスワードは平均で3.1組。つまり、1つのパスワードが平均4件の認証付きサイトで使われていることになる。こうしたサイトには、Webメールやコマースサイト、ネットバンキングなど、不正利用されると重大な被害を及ぼす危険のあるものも含まれる。

IDやパスワードの入力が必要なサイトの利用実態

IDやパスワードの入力が必要なサイトの利用実態

 ユーザー側により多くのID・パスワードの記憶を強制するのは難しいのが現実なので、生体認証やICカードなど人の記憶に頼らない個人認証の普及も強く求められそうだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ