このページの本文へ

PROGRAMMING ここまで遊べるYUREX第2回

世界初!これが7対応ビンボーゆすり感知プログラムだ!

2010年02月15日 13時00分更新

本間哲平/面白法人カヤック

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 「YUREXカフェ」なるものができて、みんながコーヒー片手にYUREXを装着して、誰も喋らず足を揺すって集中しているという夢を見ました。こんにちは、本間です。今回はYUREXをさらに便利(?)に使うべく、センサーとして登録したYUREXをマネージコードから扱う方法を見てみましょう。

0
写真はイメージです


情報がなくても、手探りでドライバーを作りたいときは?

 前回はYUREXに対応したセンサードライバを作って、PCにインストールするところまでをご紹介しました。その後、機能やら何やらをいろいろ調整した出来合いのドライバーを以下のページで公開しています。


 YUREXのドライバー開発では、HIDのレポート形式などがあらかじめ分かっていたのでいいのですが、情報がない状態からドライバーを開発したい、というニーズもあると思います。そんなときは、USB上を流れるデータを確認するツールがあると便利です。いくつかご紹介しましょう。

■Usb Sniffer for Windows (http://sourceforge.net/projects/usbsnoop/)

Usb Sniffer

 USBデバイスのデータ通信を記録するオープンソースのツール。……ですが、残念ながら現在は開発が止まっていて、Windows 7ではうまく動かないようです。


■BusHound (http://www.perisoft.net/bushound/)

BusHound

 799ドルの有償ツールですが、フリー版(一度にキャプチャできるコマンド数とデータの長さに制限あり)もダウンロードできます。制限がちょっと厳しいですが、簡単なデバイスなら事足りるかもしれません。

 BusHoundで流れるデータを眺めつつ、うまくデータ構造がひらめければドライバーを作るのもそんなに難しくはないと思います。メーカーが倒産してサポートがなくなったUSBデバイスを、自作のドライバーで復活! とかできるかもしれませんね。


編集部から緊急のお知らせ

 Web Professionalのトップや記事ページに「うましかアプリ」なる謎のブログパーツが登場しているのにお気づきでしょうか?


 これぞ、カヤックの本間さんが本企画のために作った、Silverlight製のYUREXブログパーツ! カヤックのサイトで配布しているWindows 7用のドライバー&専用アプリをインストールした方がYUREXを揺らすと、「うましか」が立ちあがる仕組みとなっています!

 しかしながら、どうもこのところ、うましかはあまり元気がないようです。つきましては、今すぐお手持ちのYUREXをPCにつないでいただき、Windows 7用アプリをインストールした状態でYUREXをガンガン揺らしてください! YUREXをまだお持ちでない方以下からご購入を! 今ならたったの980円、在庫は残りわずかですので迷わずお早めにどうぞ。

■Amazon.co.jpで購入
  • YUREX面白法人 カヤック


Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く