このページの本文へ

都庁前iPhoneクラブ第24回

ココが変だよ! 「電話」として見たiPhone

2009年11月08日 14時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「拒否」=「留守電」が分かりにくい!

トシロ:あと俺がiPhoneの電話で気になるのは、受けた電話を留守電に回すやり方が分かりにくいところ。

カリー:どういうことですか?

操作中に電話を受けたときの画面。特に何も操作していない場合は別の画面が現れて、画面をスライドして応答することになる

トシロ:ロックを解除した状態で電話がかかってくると、画面に「拒否」か「応答」って表示されるじゃん。例えば、iPhoneで調べものをしているときに電話がかかってきて、ちょっと今は出られないから留守電につなぎたいってシチュエーションだと、ここで「拒否」を押せば留守番電話センターにつないでくれる。

ニッシー:でも、この「拒否」って表現が強すぎて、何か押したくなくなるんですよね(笑)。

トシロ:そう。

ニッシー:すごく突っぱねる感じがある。

トシロ:留守電に回したいんだけど、何か抵抗があって「拒否」を押せないんだよね。

カリー:知らなかった! そんな仕様だったんだ。ちょっと俺に電話かけてみてくださいよ。……この「拒否」ってのを押せば留守電につながるんだ。

トシロ:そーなんだよ。でも、目の当たりにすると何か押せないでしょ。

マッチョ:押せないね。「拒否」って、電話を切っちゃうように思えてしまう。

カリー:確かに(笑)。あと留守電で言えば、「電話」アプリで「留守番電話」のタブを押したとたんにつなぎにいってしまうのはちょっとアセる。

マッチョ:それ、あるね。

カリー:例えば「電話」アプリの「連絡先」タブでかける相手を探していたときに、何気なく「留守番電話」のアイコンに触れてしまって、留守電につながっちゃうとか。

トシロ:分かる。

カリー:日本のケータイだと、一応、通話料金がかかる操作をする前には聞いてくるじゃん? 確かに一発でつながったほうが楽で合理的な面もあるんだけど、あまりに習慣が違いすぎて何度やっても戸惑うんだよね。この辺もローカライズできないものなんでしょうかねー。

電話帳からかける相手を探しているときに、うっかり右下の「留守番電話」に触れてしまうと……一発で起動して留守番電話サービスにつなってしまう

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中