このページの本文へ

“Web屋”が作った!AIR製本格派年賀状ソフト (2/2)

2009年10月02日 16時28分更新

文●小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

“Web屋”が作ったデスクトップアプリの正体

 とはいえ、プリントマジックの実体はFlexフレームワークで構築したFlashアプリケーションだ。データをサーバーではなくローカルに保存するなどの違いはあるものの、デスクトップの“ガワ”をまとったWebアプリといってもいい。

 たとえば、年賀状作成に欠かせないイラスト素材はプリントマジックのサーバー上にあり、プリントマジックで素材を選択したときなど、必要に応じてダウンロードされる仕組みだ。そのため、配布パッケージのサイズは814KBと小さく、イラスト素材の追加・変更も容易。目玉の達筆化機能も、肝となる変換処理はサーバーが担っており、今後さまざまな「達筆パターン」をサーバー側の更新によって追加していく予定だという。

 そもそも、プリントマジックの開発をほぼ1人で担当したアルファブレンドの公手敏裕氏は、Flash開発を得意とし、ブログパーツなどの開発を手掛けてきた生粋の“Web屋”だ。公手氏はデスクトップアプリを強く意識することなく、あくまでも「Flashの延長線上で」プリントマジックを開発したという。

 配布元のDayzは、今後、プリントマジックのパッケージ販売やOEM提供を計画している。「Web屋がデスクトップアプリを作れるようになる」というアドビが描いていた青写真は、1本のハガキ作成ソフトでやっと現実になろうとしている。

前へ 1 2 次へ

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く