このページの本文へ

AIRでWeb&Desktopの両刀使いプログラマーになる!

2009年06月16日 14時00分更新

宮田 亮/Webシステム開発株式会社代表取締役

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Webの技術でデスクトップアプリケーションが作れる――そんな触れ込みで登場した「Adobe AIR」。実際にAIRアプリケーションを作るにはどのような手順・方法をとればいいのでしょうか。本連載では、AIRプログラミングの基本をWebシステム開発株式会社の宮田 亮氏が解説します。

※この記事は、Adobe Developer Connectionのコンテンツを著者およびアドビ システムズの許可を得て転載したものです。

はじめに

 AIRプログラミングに関する基本知識から開発方法の基礎を習得していただくことを目的とする連載です。対象とする読者は次のような方です。

  • デザイナーでAIRによるデスクトップRIAの概要や開発方法を知りたい方
  • Visual Basic、Visual C#、Visual C++、Delphiなどのデスクトップアプリケーション開発者で、AIRアプリケーション開発に関心がある方
  • FlashやDreamweaverでサイト構築をしている方でAIRアプリケーション開発に関心がある方

 この連載ではプログラミングの経験を問わず、RIA、デスクトップRIAの概念、AIRの基本を理解したうえで、シンプルなAIRアプリケーションを作成できることを目標とします。

 本連載のほかにも「Flex/AIR無償ハンズオンセミナー」を定期開催(2009年5月~10月)しております。インタラクティブな環境で学習されたい方は、ぜひお申し込みください。

 第1回はRIA(Rich Internet Application)デスクトップRIAの基本概念、および既存のデスクトップアプリケーション開発に比べ、どの点でAIRが優れているかをご紹介します。


■必要なソフトウェアとファイル

 今回はありません。

■必要な前提知識

 今回は特にありません。プログラミングやWebアプリケーション開発の知識も必要ありません。

■学習できること

  • RIAとデスクトップRIAの基礎概念
  • AIRの概要とアドバンテージ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く