このページの本文へ

エージェント時代の到来を感じさせるAIR製アプリ

2010年02月10日 18時54分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ソフトウェアの次世代技術として注目されているのが「エージェント指向」だ。インターネットの情報が爆発的に多くなり、もはや人間には何が最新情報なのか、どこに最新情報があるか探しきれない。ユーザーの嗜好情報などを手がかりにユーザーの代理人(エージェント)として情報を収集する、情報爆発時代の“執事”役が必要ということで、研究開発が進んでいるのが「エージェント指向」と呼ばれる一連の技術だ。

 そんなエージェント時代の到来を感じさせるAIR製アプリ「エアリアル」が公開された。

エアリアル

 エアリアルは、本、CD、DVD、ホビー、ゲーム、パソコン、情報家電などの新商品情報を簡単に検索・購入できるデスクトップアプリ。Amazonなど、ECサイトのAPIに対応しており、本、CD、DVDを日本はもちろん、アメリカやイギリス、カナダのサイトから横断的に検索できる。

 単なる「お買い物ガジェット」よりエージェントぽいのは、欲しい新商品を逃さず知らせてくれるアラート機能が付いていることだ。たとえば、好きなアーティストや作品があったとして、そのキーワードをエアリアルに入力しておけば、そのキーワードを含む商品が買えるようになると、知らせてくれる。AIR製アプリなので、メールではなく、デスクトップの右下にウィンドウを表示して通知する。

エアリアル

 自分の興味のあることについて、すべての関連商品を世界中から探すには根気が必要だ。使い勝手などにはまだ荒削りの部分があるが、エージェント時代のソフトウェアやUIの可能性を考えるには十分刺激的なソフトウェアである。



【2013年3月25日更新】本記事で紹介した「エアリアル」はサービスを終了したため、当該サイトへのリンクを外しました。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く