このページの本文へ

IBMのノウハウを凝縮したアプライアンス

IBMのSmart Analytics SystemならDWHを12日で構築

2009年10月01日 07時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月30日、日本IBMはデータウェアハウスを、従来の15分の1にあたる最短12日間で構築する専用アプライアンス製品「IBM Smart Analytics System V.1.0」の出荷を開始した。構築の手間やパフォーマンスに大きな課題のあったデータウェアハウスを容易にするソリューションとして、ベンチャーのネティーザからスタートしたデータウェアハウスアプライアンスだが、今年はオラクル、マイクロソフトのほか、IBMも製品を投入することとなった。

 本製品は、データベース管理やデータ統合、運用管理の自動化などを支援するデータウェアハウス構築に最適なミドルウェア、サーバ、ストレージにて構成。IBMの長年蓄積されたデータウェアハウス構築およびコンサルティングの実績から設定された最適なシステムがすでにチューニングされた状態になっているという。

データウェアハウスを構築する「IBM Smart Analytics System V.1.0」。サーバやストレージを組み合わせた大がかりなシステム

 また、最小限の構成にてモジュール化されているため、システム要件の変化に合わせて各機能を柔軟に拡張することが可能で、手間のかかる運用管理を自動化するツールも搭載する。

 こうした機能を利用することで、もっとも購入意欲の高そうなターゲットにフォーカスしたプロモーションを行ない広告費用を削減するなど、データウェアハウスから導いた洞察に基づく意思決定を迅速に行ない、ビジネスに貢献することが可能になるという。

 価格は、データ量として2TBの規模を想定し、基本導入から性能チューニング、高可用性設計と総合テストまでのサービスを含めた最小構成で、2億3000万円から。日本IBMおよび同社ビジネスパートナー経由で販売する。

カテゴリートップへ

ピックアップ