このページの本文へ

この秋注目のデジカメを総ざらい!第4回

お散歩に持って歩きたい!注目デジカメ4選

2009年09月19日 18時00分更新

文● 小林 伸 、撮影協力●クラーク記念高校秋葉原ITキャンパス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ポートレートは「DP2」にお任せ

シグマ「DP-2」。本体サイズは幅113.3×奥行き56.1×高さ59.5mm。重量は約260g。実売価格は7万円前後

 ポートレートに向いたコンパクトデジカメの最有力候補と思われるのが「DP2」だ。GRDIIIと同様にレンズは固定式ながら、41mm相当(35mmフィルムカメラ換算)の標準レンズに近い画角と、F2.8という明るいレンズ開放値がウリだ。

 撮像素子は、コンパクトデジカメとしては大型なAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載。同社のデジタル一眼に搭載されているものと同じく、RGBそれぞれが三層に分かれた独自の「Foveon X3」センサーを採用している。ローパスフィルターのないこの撮像素子は無駄な輪郭強調処理を必要とせず、レンズの描写力を素直に再現することができる。

 少し残念なのがシャッタータイムラグなどの操作レスポンス。今回使用した機種の中ではタイムラグが一番大きい。ファームウェアに関しても、急いで設定を変えようと操作ボタンをあちこち何度も押しているうちにカメラ自体がフリーズしてしまった。そういう意味では初心者には薦めづらく、デジカメに馴れたユーザーがこのカメラの画質に惚れ込んで使うという場合が多いと思われる。あと、街中をスナップするのにはこのレンズの画角は少々狭いと感じた。画角の広い「DP1」との併用がいいかもしれない。


ボケの自然さがすごい

APS-Cというコンパクトデジカメとしては大型な撮像素子と標準的画角を併せ持つからこそ、F2.8というレンズ開放値が効いてくる。ピントの合っている位置からの後ボケの自然さは他のコンパクトデジカメではまねできないだろう

「DP2」のカラーモード一覧(人物の場合)

ビビッドスタンダード
白黒セピア
ポートレート風景
ニュートラル

「DP2」のカラーモード一覧(風景の場合)

ビビッドスタンダード
白黒セピア
ポートレート風景
ニュートラル
■Amazon.co.jpで購入

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン