このページの本文へ

この秋注目のデジカメを総ざらい!第4回

お散歩に持って歩きたい!注目デジカメ4選

2009年09月19日 18時00分更新

文● 小林 伸 、撮影協力●クラーク記念高校秋葉原ITキャンパス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手軽さを選ぶなら「GR DIGITAL III」

リコー「GR DIGITAL III」。本体サイズは幅108.6×奥行き25.5×高さ59.8mm。重量は約188g
リコー「GR DIGITAL III」。本体サイズは幅108.6×奥行き25.5×高さ59.8mm。重量は約188g。実売価格は8万円前後

 レンズ固定式の「GRDIII」は、28mm/F1.9(35mmフィルムカメラ換算)の「GR LENS」を採用する。28mmの画角は人の視界に近く、スナップに向いているとされている。さらに言えば、F1.9という単焦点レンズとしても極めて明るいF値は薄暗いシーンでの撮影にも強く、光学収差がよく抑え込まれたGR LENSと毎回進化し続けるGR ENGINEの画像再現性があいまって、他社のコンパクトカメラとは一線を画する描写力を有している。

 しかし、(レンズ交換式と比べて)固定されたレンズだけにその画角に合った撮影シーンはある程度風景やスナップなどに限られてくるだろう。そして、1/1.7型CCDというコンパクトデジカメでは標準的なサイズの撮像素子と、広角系固定レンズの組み合わせによる深い被写界深度は、ポートレート的な使い方をする際には思ったような背景ボケを期待できない。

 レンズ交換式デジカメと比べればGRDIIIは圧倒的に小さくて軽いので、お散歩が主目的で、見たものを気楽に撮っておきたい、またはロケハン的な使い方をしたいときに向いたカメラといえるのではないだろうか。


「GR LENS」が魅力

レンズの光学収差がほとんど見られない。レンズのためにこのデジカメを購入するユーザーも少なくないだろう。初期の「GRD」から進化を重ねてハイライトの飛びなども大変よく抑え込まれている

「GRDIII」の画質パラメータ一覧(人物の場合)

ビビッドスタンダード
白黒白黒(TE)

「GRDIII」の画質パラメータ一覧(風景の場合)

ビビッドスタンダード
白黒白黒(TE)
■Amazon.co.jpで購入

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン