このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

“大正野球娘”や“涼宮ハルヒ”など夏アニメの主題歌が大量投下!

2009年07月21日 22時50分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 気が付いてみれば、夏のアニメも放送開始からまもなく1ヵ月。そろそろ主要登場人物も出揃って物語が動き出す作品が多くなるところだ。そんな新作アニメの数々の主題歌CDの大量投下が始まった。
 ショップでの動きが好調に感じられたのは、放送前から人気の女性声優が多数出演していることで、話題を集めた「大正野球娘」のオープニング曲「浪漫ちっくストライク」。同曲を歌っているのは鈴川小梅(cv.伊藤かな恵さん)、小笠原晶子(cv.中原麻衣さん)、川島乃枝(cv.植田佳奈さん)、宗谷 雪(CV.cv.能登麻美子さん)の同作品の主要キャラクター4人となっている。
 カップリングとして収録されている“キミとJUMPING”を歌っているのは、主役の鈴川小梅(cv.伊藤かな恵さん)、小笠原晶子(cv.中原麻衣さん)の2人だ。
 ショップスタッフは「人気声優が集まっているので、売れるのはわかっていましたね」や「カップリングに“東京節”が入っていたら、もう少し動き方は違っていたかもしれません」と話していた。

豪華な出演陣が集結したオープニング「浪漫ちっくストライク」の価格は1200円だ

放送開始から人気沸騰
CANAANのOP曲がリリース

 発表から発売までの期間が短かったにもかかわらず、人気を集めていたのは「CANAAN」のOP「mind as Judgment」。同曲を歌っているのは、「喰霊-零-」の挿入歌なども歌っている飛蘭(フェイラン)さん。本CDは自身名義のシングルとしてはデビューCDとなっている。作詞・作曲陣も豪華で、先日西武ドームでのライブを成功させた水樹奈々さんなどの楽曲を制作する上松範康氏と、“ハルヒ”や“らきすた”などの楽曲を作詞を手がけたアニソン界屈指のヒットメーカーである畑亜貴氏。
 ショップスタッフからも「テレビ放送が始まるまでは、ほとんど注目されていませんでしたが、放送が始まると評価はウナギのぼり。今日だけでもかなりの人数が購入していきましたよ」と話していた。

発表から発売までの期間が短いこともあり、ショップスタッフからは「もう少しお客さんの反応が早くわかっていたら、もう少し展開の仕方があったかもしれない」という声もあった「mind as Judgment」。価格は1200円

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ