このページの本文へ

決済方法を選択する(2)

2007年12月26日 09時00分更新

田嶋 節和/株式会社サーフボード 代表取締役 Webマスタースクール 校長

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

決済種別について(先払いと後払い)

 お客様の信頼を得やすい「後払い」を選ぶか、未入金などのトラブルを防ぐために「先払い」にすべきか、迷う方も多いでしょう。ここでは、それぞれのメリット、デメリットを考えます。

「後払い」導入時のポイント

 お客様の立場では安心な「後払い」も、ネットショップにとっては回収もれになる心配があります。トラブルを防ぐためにも、「後払い」を導入した際のポイントをきちんと押さえておきましょう。

未払い対応

 うっかり忘れているお客様がほとんどです。 ※丁寧な対応を心がけましょう。

  1. 支払い期限後、 1~2日にメールで案内
  2. メールでの案内後も返事、入金がない場合、電話で確認
  3. 1ヵ月後、「内容証明」を郵送

リスク回避

  • 先払いには、プレゼントや割引(売上代金の3~5%)などの特典を付ける。
  • 初回の注文は先払いのみ、後払いが選択できないようにする。
  • 高額な注文の場合は後払いの上限額を決める
    【記載例】 2万円以上お買い上げの場合は、先払い、クレジット払い、代金引換でお願いします。
  • 「ご住所、連絡先確認のために、お電話することがあります」と記載

回収代行

ネットプロテクションズの「NP後払い」サービス
【ポイント】 代金回収に不安がある場合、また入金業務を軽減したい場合に利用するといいでしょう。
    ◆ ネットプロテクションズ

特長

  • 後払い決済(銀行、郵便局、主要コンビニ15社)
  • 早期立替払い
  • 請求書発行から代金回収の代行
  • 代金未回収のリスク回避

留意点

  • 手数料が必要(一取引ごとに請求金額の5% + 請求書発行、郵便料金190円)
  • 一取引の上限金額は、5万円(商品代金)まで
  • 審査が通らないお客様への対応をどうするか
  • 注文主と送り先が異なるギフトなどには、利用できない

著者プロフィール

名前 田嶋 節和 tajima[アットマーク]surfboard.co.jp
※著者に直接問い合わせをする際は、お名前、会社名、サイトURLなどを明記してください。
会社 株式会社サーフボード
サイト http://www.surfboard.jp/

Web Professionalトップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く