このページの本文へ

配送業者と送料および配送方法について(2)

2008年04月09日 09時00分更新

田嶋 節和/株式会社サーフボード 代表取締役 Webマスタースクール 校長

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

チルド(冷却)パックとの同梱について

 ケーキやアイスクリーム、魚介類、生花などを取り扱う場合。鮮度や味を保つため、お客様にはチルド(冷却)パックで配送します。そのとき注意したいのが、同梱商品発送の取り扱い。たとえば、「冷凍 アイスクリーム」「冷蔵 チーズケーキ」「常温 クッキーセット」といった組み合わせで、注文があった場合、同梱、別口の明記が必要です。

【 参考例 】

  • 冷凍、冷蔵の場合 → すべて冷凍
  • 冷蔵、常温の場合 → すべて冷蔵
  • 冷凍、常温の場合 → 2個口別便
 ヤマト運輸の「クール宅急便」のサービスによれば、

■ お電話1本でご指定の場所へ取りに伺います。
 お電話1本でご自宅まで取りに伺います。また、営業所へ直接お持ち込みの場合は、100円減額いたします。
 取扱店・コンビニエンスストアでのお取扱いはいたしておりません。
■ ドライアイスや蓄冷剤は不要。
● 冷蔵タイプは3℃、冷凍タイプは-18℃を標準温度とした2つの温度管理システムで、鮮度やおいしさをしっかり保ってお届けします。
● ドライアイス・氷・発泡スチロールなど保冷用の資材や包装は必要ありません。
※ お荷物の内容品によっては、適切な資材や包装が必要な場合もありますのでご相談ください。
※ 水モレの心配のないクールボックスもご用意しています。(別売)
● お預かりから仕分け・配達まで、旬のおいしさをしっかりキープします。
● 万一お届け先がご不在の場合でも、再配達まで営業所の冷凍冷蔵庫で荷物を保冷保管します。
● 「時間帯お届けサービス」もご利用いただけます。
(ヤマト運輸「クール宅急便」説明ページより抜粋)

 一旦注文をした後、「本当にあれでよかったのかな?」と再びサイトを確認するお客様は意外に多いもの。さらに、「あっ、これも欲しい」と思われることもよくあります。そういった場合に備え、追加注文を受け付ける旨のコメントを書いておくと親切。「追加のご注文は、配送業者の集荷前でしたらお受けします。ご希望の方は、ご連絡ください」と一言添えておくだけで、お客様の印象もアップします。

配達日時の指定と荷物追跡サービス

ここでは、商品をお客様に引き渡す日時や場所の指定サービスについて考えます。

土日の配送希望や、プレゼント用に配達日を指定するサービスを行う場合

  • 注文画面の備考欄に、その旨の入力を促す案内文が必要
  • 地域によっては時間がかかるため、配送指定日の前日に、出荷できる体制を整えること

 また、休日や祝祭日をはさむ場合は、発送する数が一気に増えますので注意してください。バレンタインや母の日、クリスマスなどのイベント時も同様です。

時間指定
 ヤマト運輸の場合、6種類から指定可能。
●午前中 ●12時~14時 ●14時~16時 ●16時~18時 ●18時~20時 ●20時~21時
 佐川急便の場合、15種類から指定可能。
●午前中(8時~12時) ●10時~12時 ●11時~13時 ●12時~14時 ●13時~15時
●14時~16時 ●15時~17時 ●16時~18時 ●17時~19時 ●18時~20時 ●19時~21時
●20時~22時 ●21時~23時 ●22時~24時 ●※24時~翌朝10時(※飛脚TOP便のみ指定可能)

留め置き
 到着した荷物を、送り先の担当営業所に、一時留め置くことができます。本人が直接受け取りたい場合のサービスとして、欠かせません。

荷物の追跡サービス
 商品発送後すぐ、お客様に「発送案内メール」を送ります。メールには、配送業者名と伝票番号を記載しましょう。メールを受け取ったお客様は、「間違いなく商品が発送された」という安心感を得ます。
 さらに伝票番号が分かることで、荷物の到着が遅れた場合も、自分で「荷物の追跡」が可能。
 Webサイトから、配送業者の「荷物追跡ページ」へリンクするとより親切です。

【参考事例】
◆ 米五のみそ http://www.misoya.com/
 TOPページから、現在の荷物のありかが確認できます。

海外への配送について

 世界につながるインターネット。最近はネットショップにおいても、海外からの注文が増える傾向にあります。なお、商品を海外に発送する場合は、送料が高額です。トラブルを回避するためにも、あらかじめお客様にも確認を取りましょう。

 海外向けには、郵便局で取り扱う「小型包装物」「国際小包」「国際スピード郵便(EMS)」の利用が一般的。なお、「小型包装物」は取り扱い郵便局が限られるなど、利便性が悪いため、避けたほうが無難です。

 アメリカに食料品などを送る場合は、税関チェックが厳しいので注意が必要です。
また、海外への配送では、日本の配送業者のような丁寧な取り扱いを期待することはできません。保険をかけるのが基本と心得ましょう。トラブルを防ぐためにも、丈夫な段ボールで梱包を行ったほうが安心です。CDや書籍、衣料品を送る際は、ヤマト運輸の「国際メール便」を利用すると、送料が抑えられます。

著者プロフィール

名前 田嶋 節和 tajima[アットマーク]surfboard.co.jp
※著者に直接問い合わせをする際は、お名前、会社名、サイトURLなどを明記してください。
会社 株式会社サーフボード
サイト http://www.surfboard.jp/

Web Professionalトップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く