このページの本文へ

SEOの具体的手法②

2007年02月21日 09時00分更新

権 成俊/株式会社ゴンウェブコンサルティング 代表取締役

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 前回のコラムで、Yahoo!検索向けの上位表示対策を行う上で特に重要度が高い項目についてご紹介させていただきました。しかし、概念的な説明だけですと分かりにくい点もあるかと思います。今回は実際のサイトを例にとって、各項目をどのように修正していけば効果的なのか、ご紹介したいと思います。コラムの内容に沿って自社のサイトを修正するだけでYahoo!Searchで上位に表示されるようになると思います。ぜひ実践してみてください。

Yahoo!検索向けSEOの事例紹介

 弊社が運営しているサイトを例にとってSEOの事例紹介を行います。弊社の業務内容は多岐に渡っておりますが、メイン事業として『ウェブコンサルティング』を行っております。下記の弊社サイトは、弊社のメイン事業である『ウェブコンサルティング』を紹介しているサイトであり、Yahoo!検索において『ウェブコンサルティング』のキーワードで上位に表示されるように対策を施しています。

サイトURL:http://www.gonweb.co.jp/
対策キーワード:ウェブコンサルティング

Yahoo!カテゴリへの登録

 弊社サイトは、下記内容でYahoo!カテゴリに登録されています。

【登録タイトル】
 ゴンウェブコンサルティングホームページ
【登録コメント】
 Webビジネスに関する相談、分析、提案等のコンサルティング。セミナーの案内。

 Yahoo!カテゴリに登録されたウェブページ(通常はTopページ)は、Yahoo!検索で上位に表示されやすくなります。またそれだけでなく、『Yahoo!登録タイトル』や『Yahoo!登録コメント』に記載されたキーワードでは、更に上位表示にとって加点になります。弊社サイトの場合、『Yahoo!登録タイトル』に、上位表示を狙っている『ウェブコンサルティング』というキーワードが含まれているため、最適な形でYahoo!登録が実現できています。Yahoo!登録を行う際には、上記項目に対策キーワードが含まれるように、登録申請を行いましょう。

 ただし実際には、『Yahoo!登録タイトル』と『Yahoo!登録コメント』は、Yahoo!の審査官によって適宜修正が加えられるため、希望通りの内容になるとは限らず、頭を悩ませることと思います。特に『Yahoo!登録タイトル』に関しては、サイト名や企業名がそのまま『Yahoo!登録タイトル』になってしまい、融通が利きません。
 逆に、サイト名や企業名自体が対策キーワードを含んだものであれば、『Yahoo!登録タイトル』に対策キーワードを確実に含ませることができます。弊社サイトの場合も、サイト名(企業名)自体に対策キーワードを含ませることで、難なくこの問題をクリアしています。『Yahoo!登録タイトル』に確実に対策キーワードを含ませたいのであれば、サイト名の変更を考慮することをお勧めいたします。次回以降のコラムでも後述しますが、サイト名に対策キーワードが含まれていると、リンクポピュラリティに関しても高い点数を得ることができるので、非常に効果的です。

 『Yahoo!登録タイトル』に対策キーワードを記載できないときは、『Yahoo!登録コメント』で対応することになります。『Yahoo!登録コメント』はサイト内容、特にTopページの内容を端的に表すコメントになります。Yahoo!の審査官がサイトを審査する際に、対策キーワードがサイトの主要テーマの一つだと認識されるように、Topページの内容を対策キーワードと一致させ、対策キーワードを含んだ『Yahoo!登録コメント』を作成しましょう。

タイトル、meta_keywords、meta_descriptionの対策

 それぞれ対策キーワードを含ませることで、上位表示に有利に働きます。ただし『タイトル』と『meta_keywords』が長くなりすぎると上位表示の効果が弱まってしまうため、対策キーワード以外は極力記載しないようにします。『ウェブコンサルティング』のキーワードで対策を行っている弊社サイトの場合、各項目は下記のようになります。

【タイトル】
 ゴンウェブコンサルティング
【meta_keywords】
 ウェブコンサルティング
【meta_description】
 ウェブコンサルティング、総合アクセス対策の実施。

 タイトルやメタタグの修正は、作業負荷もほとんどかからず簡単に実施できるので、対策キーワードが決まっているのであれば、すぐにでも実践してみてください。競合の少ないキーワードであれば、今回ご紹介した対策を実施するだけで、現在の順位からのランクアップが期待できます。

 しかし今回の内容だけでは、まだ十分な対策が実施しきれているとはいえません。上位表示を狙う対策キーワードとページ内容の一致度を高め、上位表示の可能性を上げていくためには、ページ内の修正やサイト外部からのリンクも獲得していく必要があります。次回も引き続き弊社サイトを例にとって、これらの点の対策について紹介させていただきます。

著者プロフィール

権 成俊
名前 権 成俊(ごん なるとし) info[アットマーク]gonweb.co.jp
※著者に直接問い合わせをする際は、お名前、会社名、サイトURLなどを明記してください。
会社 株式会社ゴンウェブコンサルティング
サイト http://www.gonweb.co.jp/

Web Professionalトップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く