このページの本文へ

XPと本気でさよならするための Windows 7特集 第6回

あのマシンでも動く? Windows 7インストール実験【後編】

2009年05月17日 15時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

なぜか普通に動いてしまうWindows 7

 インストール前からトラブル続出で、「これは初のインストール失敗か?」と期待……もとい不安視されたAthlon XPベアボーンパソコン。ところがインストールプロセスが動き出すと、その後は一転して快調に進んでいく。結局35分程度で、インストールは完了してしまった。あれ?

 デバイスマネージャーを見てみると、どのデバイスもきちんと正常に認識されているようだ。チップセット自体やIDEコントローラーはもちろん、VIA製のEthernetコントローラーやIEEE 1394コントローラーも、正しく認識されてドライバーが組み込まれている。

Athlon XPベアボーンのデバイスマネージャー

Athlon XPベアボーンのデバイスマネージャー。どのデバイスも正しく認識されているようだ

 ただし、グラフィックスカード側の問題か、デバイスドライバーの問題かは不明だが、DVI経由で接続した液晶ディスプレーの最大解像度(1600×1200ドット)で表示しようとすると、画面の一部が緑色に点滅する異常が見られた。解像度を下げれば点滅は消えたのでテストに問題はなかったが、まだ原因と対策は判明していない。

表示が1600×1200ドットに切り替わった途端、画面の上半分が点滅し始めた

インストールプロセスの途中、表示が1600×1200ドットに切り替わった途端、画面の上半分が点滅し始めた! 解像度を下げたらとりあえず解決

 Windowsエクスペリエンスインデックスを見てみると、さすがに速くはないものの、一番値の低いCPUでも「3」と、Atomよりは高性能だ。Windows 7の動作感も良好で、ネットブックで動かした場合よりも、やや軽く感じた。ニコニコ動画を表示させても、ネットブックより表示が滑らかで、フレーム落ちもほとんどなかった。

Athlon XPベアボーンのWindowsエクスペリエンスインデックス

Athlon XPベアボーンのWindowsエクスペリエンスインデックス。ネットブックよりも速い。6~7年前のパーツでできたパソコンより、ネットブックは遅いのか

 インストール前の段階でトラブルに見舞われたのを除けば、6~7年前に登場したパーツで構成されたベアボーンパソコンでも、Windows 7は動作した。XP登場以降のパソコンであれば、快適さはともかくWindows 7を動かせる、ということかもしれない。

ハードウェア ソフトウェア
すべてのハードウェアが動作 特別なソフトウェアはないので対象外

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン