このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

XPと本気でさよならするための Windows 7特集 第6回

あのマシンでも動く? Windows 7インストール実験【後編】

2009年05月17日 15時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インストール実験 その6
Endeavor Pro7000

Endeavor Pro7000

最速のCore i7を搭載した「Endeavor Pro7000」。最新鋭機で動いて当たり前だが、検証はしてみなくては分からない

 インストール実験の最後を飾るのは、エプソンダイレクト(株)のハイエンドタワー型パソコン「Endeavor Pro7000」(以下Pro7000)である。

 現状最速のパソコン用CPU「Core i7 965 Extreme Edition」(3.20GHz)と、12GBものメモリーを搭載。グラフィックスカードにもGPUを2基搭載する「Radeon HD 4870 X2」を装着するなど、非常に贅沢なウルトラハイエンドパソコンである。

Pro7000の主なスペック
CPU Core i7 965 Extreme Edition(3.20GHz)
メモリー 12GB
グラフィックス Radeon HD 4870 X2
HDD 1TB(500GB×2)
OS Windows Vista Ultimate SP1 64bit版

 実のところ、すでにPro7000ではWindows 7が動作している。ただし、それはVistaの上で動く仮想マシンでの話。Pro7000自身のハードウェアに対して、Windows 7をインストールしたことはない。今回はアップグレードではなく、新規インストールをしてみることにした。Pro7000はチップセット(Intel X58 Express+ICH10R)内蔵のRAIDコントローラーを使い、HDD 2台をRAID 0構成で使用している。この環境に正しくインストールできるかを検証するためだ。ただし、用意していたWindows 7が32bit版だけだったので、今回は32bit版で検証している。

 実際のインストール作業はまったくトラブルもなく、たったの15分で終わった。特集第2回で使ったテスト機(Core 2 Duo E6600-2.40GHz)の新規インストールが18分だったので、新記録である。インテルチップセットならば、RAID構成でも問題なく認識できるようだ。

Vistaでのデバイスマネージャー(左)とWindows 7でのデバイスマネージャーの画面。どのデバイスも正常に認識できている

 Windowsエクスペリエンスインデックスの値は、CPUが7.5、メモリーは7.7に達している。最高値が7.9なので、すでに最上級の快適さが保証されているようなものだ。

Windowsエクスペリエンスインデックス

インストール直後のデスクトップとWindowsエクスペリエンスインデックス

 興味深いのは、コントロールパネルの「システム」を開いたときの表示だ。32bit版OSを使っているので、アプリケーションが使えるメモリー領域は約3GBまでなのは従来と同じだが、パソコン上に搭載されているメモリーを、正しく12GBと認識している。認識しても使えるわけではないのだが、最新のハードウェアにもきちんと対応できている、一種の証明だろう。

12GBのメモリー搭載量を正しく認識

32bit版OSでも、システムの情報では12GBのメモリー搭載量を正しく認識している

 AMDやNVIDIAでは、Windows 7対応のディスプレードライバーをすでに供給している。今回もOSインストール後に、AMDのウェブサイトから最新版のドライバーを入手して、導入してみた。さらに、ベンチマークソフト「PCMark Vantage」と「3DMark Vantage」を使い、Windows 7とVistaでのパフォーマンスを簡単に比較してみた。Vistaでのテストが64bit OS環境なので、その分32bit版プログラムは若干成績が落ちるのだが、参考値として掲載する。

PCMark Vantageのスコア比較

PCMark Vantageのスコア比較。Vistaはx64版での測定

3DMark Vantageのスコア比較

3DMark Vantageのスコア比較

 大差はないものの、3DMark Vantageの全スコアとPCMark Vantageの5項目で、Windows 7が上回った。ただし、3DMarkはWindows 7の方が高いのに対して、PCMarkのGamingはVistaの方が高いなど、奇妙な結果もある。GamingやHDDは、64bit OSのパフォーマンス面の利点が出たのかもしれない。

 いずれにしても、Pro7000はWindows 7でもまったく問題なく動作した。パフォーマンスも上々で、Windows 7製品版の登場が待ち遠しい。

ハードウェア ソフトウェア
すべてのハードウェアが動作 特別なソフトウェアはないので対象外

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン