• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3月末にタイトルが集中した結果か? 今週は「11eyes CrossOver」の1本頼み!

2009年04月02日 22時30分更新

文● 伊藤 真広

野球関連タイトルが2作品登場

「プロ野球ファミスタDS 2009」

「プロ野球ファミスタDS 2009」は、2008年年度のシーズン成績を元に、2009年時の開幕予想データを反映させている。価格は5040円

 ファミコン時代から長い歴史を持つ、野球ゲーム「プロ野球ファミスタDS 2009」がDSで発売された。WBCが終わったばかりということで野球熱が盛り上がっているこの時期に発売されたのはナイスタイミングと言えそうだ。ショップスタッフは「これは爆発的ヒットはしませんが、一定数は確実に売れる優良タイトルなんです!」と強調していた。

「ドアラでWii」

フリーダムなドアラをいじり倒して、キモカワイイモーションを手に入れる「ドアラでWii」。価格は4800円だ

 野球関連タイトルと言って良いのか迷ったのだが、NPBに加盟する中日ドラゴンズの球団マスコットキャラクター「ドアラ」が主人公のWii用「ドアラでWii」も野球タイトルに含ませていただこう。
 この作品は、荒ぶる有袋類の異名を持つドアラが野球を行なうわけではなく、用意されているさまざまなゲームをクリアして、ドアラのキモカワイイモーションを手に入れたり、プレミアムムービーをゲットするというもの。

「Winning Post World」

「Winning Post World」の販売価格は7560円

 本日最後に紹介するのは、ダービースタリオンと並んで、日本を代表する競馬シミュレーションゲーム“ウイニングポスト”シリーズの4年ぶりの最新作。今回発売されたPS3ソフト「Winning Post World」からは、“馬主”、“調教師”、“騎手”に携わる3つの遊び方ができるようになっている。
 ショップスタッフは「「プロ野球ファミスタDS 2009」と同じく、伝統的な歴史あるソフトで固定ファンも多くいるので売れると思います」と話していた。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう