このページの本文へ

パソコン用ワンセグチューナー12製品そろい踏み

パソコン用ワンセグチューナー12製品そろい踏み

2007年01月23日 23時20分更新

文● 宇野 貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スッキリと見やすい視聴ソフトを搭載
ピクセラ「PIX-ST011-PC0」

ピクセラ「PIX-ST011-PC0」 「PIX-ST011-PC0」を装着したところ
PCカード本体は、アンテナ端子部分を含めて全体的に薄めで扱いやすい形状。運搬時にはアンテナの取り外しも可能だ。PCカードスロットからはみ出す部分がやや長いものの、それを除けば本体形状に特に不満な点はない。

 ピクセラの「PIX-ST001-PC0」はPCカードタイプのワンセグチューナーだ。付属の視聴ソフトは文字やボタンが大きく各機能の操作方法が把握しやすく、使いやすさを重視したレイアウトには好感が持てる。EPG番組表は表示スペースが小さかったり予約録画に非対応など、機能的な不満はあるものの、予約録画については今後バージョンアップで対応予定とのことだ。データ放送受信機能は標準でサポートしている。地デジ/ワンセグ製品をOEM供給してきた実績のあるメーカーならではの、完成度の高い製品と言える。

「PIX-ST011-PC0」の視聴アプリ
デザインに関しては文句なしで、直感で思い通りの操作が行なえる。現在のバージョンは予約録画に対応していないのが残念。(画面は一部はめ込み合成です)


ノートパソコンに便利なクリップ付きケーブル付属
ロジテック「LDT-1S200U」

ロジテック「LDT-1S200U」 「LDT-1S200U」を装着したところ
スタイルはやや大きめのUSBメモリーといったところ。付属のUSB延長ケーブルは、コネクタ部分がクリップになっており、ノートパソコンの液晶ディスプレー部分などに固定しやすい。アンテナは自由に角度を変えられるため、感度調節が容易だ。

 ワンセグブームの立役者でもあるロジテック製USBチューナーの第2弾となる製品。だがEPG録画がないなど機能的にはかなり物足りないのが残念なところだ。特徴的なポイントは付属のUSB延長ケーブルで、コネクタ部分がそのまま固定用のクリップになっている。アンテナの角度も自由に変えられるので、ノートパソコンの液晶や感度のよい場所など、ケースバイケースですばやく設置場所を選択できるのが強みだ。

「LDT-1S200U」をクリップで固定 クリップで固定した裏側
ノートパソコンに付属USBケーブルのクリップで固定すると、このようにチューナーは後ろ側に隠れる形になるので、本体が目立たない。
「LDT-1S200U」の視聴アプリ
視聴ソフトはポータブルTVをイメージさせるデザイン。機能は手動録画と音声多重の切り替え程度のみと低いが、映像調整が可能な点は評価したい。


クリップ式ホルダーで液晶横にピタリと設置
IMJ「ON TIME TV(IM-1ST001U/S)」

IMJ「ON TIME TV(IM-1ST001U/S)」 「ON TIME TV」を付属クリップで固定
本体はシンプルな形状で、固定用のクリップが付属する。クリップ部分はかなり角度があるのでやや安定性に欠ける。
「ON TIME TV」のアンテナ
アンテナは根本部分が細く先端部分に行くにつれて太くなるため、耐久性が少々不安だ。

 レシーバー本体の他に、延長ケーブルと固定用クリップが付属する。このアタッチメントを使ってノートパソコンの液晶横に設置すれば、USBポート付近のスペースを確保せずに済むと同時にアンテナ感度アップの一石二鳥の効果が得られる。視聴ソフトはボタンに小さいながらも機能の文字表示があるなど、わかりやすい作りになっている。タイムシフト時の再生位置をゲージで調整できるのもなかなかよい。



「ON TIME TV」の視聴アプリ
コンパクトにまとまっており、ボタンに小さく機能表示があるなど使いやすい。映像調整機能があるのもうれしいポイントだ。


ありそうでなかったオールホワイトのデザイン
クイックサン「QOT-W100」

クイックサン「QOT-W100」 「QOT-W100」をクリップで固定
本体カラーと付属クリップの色は白で統一されている。白一色の製品はありそうであまりないので、組み合わせるノートパソコンの本体色とのマッチングこだわるに人は要チェックだ。
「QOT-W100」の画面設定
ON TIME TVと同じ視聴ソフトを採用している。コンパクトなインターフェースで使いやすく、映像調整機能があるのもうれしいポイントだ。また、最新バージョンではEPG(電子番組表)にも対応。

 外観や付属ソフトを見るとIMJの「On Time TV」とほぼ同等の製品で、こちらにも延長ケーブルとノートパソコンに挟んで固定するクリップが付属する。カラーやデザインで好みの方をチョイスすればいいだろう。視聴ソフトも同一だが、メーカーのウェブサイトから入手できる最新バージョンではiPEGによる予約録画が可能になっているなど、ソフトの使い勝手はかなり良好だ。





最小サイズのワンセグチューナー
バッファロー「ちょいテレ(DH-ONE/U2)」

バッファロー「ちょいテレ」 撮影サンプル1(トリミング)
USBチューナータイプの中で最もコンパクトで、一見しただけでは小型のUSBメモリーと見間違うほど。ロッドアンテナは、付属の高感度タイプに付け替えも可能。コンパクトなのでパソコン本体に挿したままでも邪魔にはならない。USBカバー(キャップ)が本体とストラップで繋がっているのも、キャップをなくさないための工夫として気が利いている。
「ちょいテレ」の手動予約
「ちょいテレ(DH-ONE/U2)」の手動予約機能。

 USB接続のワンセグチューナーのパイオニア的な製品であり、今回紹介する製品の中で最小サイズのコンパクトさを誇る。視聴ソフトも高機能で、番組表やiEPGによる予約設定が可能なほか、手動予約も毎週や曜日指定が可能だ。タイムシフトとデータ放送に対応していないのが残念なところだが、これを除けばほぼ満点に近い出来映えである。



「ちょいテレ」の視聴アプリ
キャプチャカードを多く出しているだけあり、見やすさ、操作性の高さは文句なし。これでデータ放送受信機能とタイムシフト視聴機能があればさらによかったのだが。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン