このページの本文へ

エスケイネット、ワンセグ放送を視聴できるPCカード『MonsterTV 1D』を11月発売

2006年10月13日 18時06分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ロッドアンテナを装備した『MonsterTV 1D』。インターフェースはCardBus
ロッドアンテナを装備した『MonsterTV 1D』。インターフェースはCardBus

エスケイネット(株)は13日、パソコンでワンセグ放送の視聴・録画を可能とするPCカード型チューナーユニット『MonsterTV 1D』(モンスターティービー ワンディ)を11月上旬から発売すると発表した。価格はオープンプライスで、予想実売価格は1万4800円。

MonsterTV 1Dは、CardBusインターフェースに対応したPCカードTypeII型のTVチューナーカードである。単体販売されるPCカードタイプのワンセグ放送チューナーとしては、初の製品化となる。カード型ユニット内にワンセグ放送用デジタルチューナーを内蔵し、付属の専用視聴ソフト“1Dコントローラ”を使用して、ワンセグ放送の受信と視聴、録画と録画番組の視聴などが可能となっている。録画した番組は録画したパソコンのみで再生可能で、再生時にはMonsterTV 1Dが装着されている必要がある。

映像の表示サイズは、320×240ドット、480×360ドット、全画面表示にも対応する。データ放送表示用のBMLブラウザー機能も搭載しており、ワンセグ放送のデータ放送も表示可能である。

カードには2段階に伸縮するホイップアンテナ(ロッドアンテナ)が装備されている。アンテナは取り外しも可能。本体重量は約40g。対応するパソコンは、CardBus対応のPCカードTypeIIスロットを搭載するノートパソコンで、Pentium III-1GHz以上のCPU、Windows XP SP2以降、メモリー256MB以上など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン