このページの本文へ

USB接続のワンセグTVチューナが続々と登場! 今度はグリーンハウスから「W-one(ダブル-ワン)」が発売に!

2006年12月15日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 各社がこぞって販売を開始したUSB接続のワンセグTVチューナ。今度はグリーンハウスから「W-one(ダブル-ワン)」(型番:GH-1ST-U2K)が発売された。本体が衝撃から保護するためのシリコンカバーで覆われているのが、他社製品とは異なる大きな特徴だ。

パッケージ 製品
USB接続のグリーンハウス製ワンセグTVチューナ「W-one」。本体が衝撃から保護するためのシリコンカバーで覆われているのが、他社製品とは異なる大きな特徴だ

 すでに発売されている他社製品同様、受信チャンネルはUHF(13~62ch)で、フレームレートは毎秒15フレーム(放送サイズ/内容に依存)となる。ただし、他社製品の画像サイズが320×240画素なのに対して、本製品は320×180画素と、やや縦幅が狭くなっている。ワンセグ視聴/録画ソフトは、著作権保護や電子番組表(EPG/iEPG)に対応した「iWINGTVプレーヤー」が付属しており、“すぐ録”や予約録画などの録画機能、タイムシフト機能などをサポートしている。なお、録画した放送は著作権保護のため暗号化され、録画したPC以外では視聴できない。本体のサイズは27(W)×88(D)×11(H)mmで、重量は25g。電源はUSBバスパワーを利用する。製品には、ノートPCなどに接続する際にUSBコネクタの向きを自在に変更できる“くるくるアダプタ”や、マグネット付きのスタンド型延長ケーブルが同梱されている。対応OSはWindows XP SP2以降で、視聴にはDirectX 9.0cが必要だ。価格はTWOTOP秋葉原本店で9980円。

“くるくるアダプタ” スタンド型延長ケーブル
USBコネクタの向きを自在に変更できる同梱の“くるくるアダプタ”を使用すれば、ノートPCなどに接続しても邪魔にならない同梱のマグネット付きのスタンド型延長ケーブルを装着した様子
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ