このページの本文へ

AGP最速のビデオカード! “RADEON X1950 PRO”を搭載した「RX1950PRO-A256HW」が玄人志向からデビュー!!

2006年12月06日 21時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “RADEON X1950 PRO”を搭載した初のAGP対応ビデオカード「RX1950PRO-A256HW」が玄人志向から発売となった。スペック上では“AGP最速のビデオカード”となる製品で、未だにAGPにこだわるゲーマーなどにとっては注目の製品だ。

「RX1950PRO-A256HW」 「RX1950PRO-A256HW」
“RADEON X1950 PRO”を搭載した初のAGP対応ビデオカード「RX1950PRO-A256HW」が玄人志向から発売。“GeForce 7600 GT”搭載製品を上回るスペックをもつAGP最速のビデオカードということで、人気となりそうな製品だ

 現在流通しているビデオカードでAGP最速となるのは、本日発売となった“RADEON X1950 PRO”を除くとNVIDIAの“GeForce 7600 GT”搭載カードだろう。発売当初は「まだこんなにAGPユーザーはいたのか」と思うほどの人気ぶりで、品切れ続出となったのは記憶に新しい。そんな中登場した「RX1950PRO-A256HW」は、“GeForce 7600 GT”搭載製品を上回るスペックをもつAGP最速のビデオカードということで、人気となりそうな製品だ。
 主なスペックはコア/メモリクロックが575MHz/1380MHz。AGP版と言うことで“Native CrossFire”用の端子はない。搭載メモリはDDR3 256MBでインターフェイスはDual DVI/TV-OUT(HDTV出力)という構成。ただしTV-OUTについては「接続先のTVの自動検出機能が正常に動作せず、後日同社のウェブサイトにアップデート情報を掲載予定」としているので注意が必要だ。価格および販売ショップは以下の通り。流通量は少なく、早めの完売が予想される。

裏面 I/O部
コア/メモリクロックが575MHz/1380MHz。AGP版と言うことで“Native CrossFire”用の端子はない。
注意書き 付属品
インターフェイスはDual DVI/TV-OUT(HDTV出力)という構成だが、TV-OUTについては「接続先のTVの自動検出機能が正常に動作せず、後日同社のウェブサイトにアップデート情報を掲載予定」としているので注意が必要だ
価格 ショップ
玄人志向
「RX1950PRO-A256HW」
\31,680 スリートップ2号店
\31,780 T-ZONE.PC DIY SHOP(12/9から販売)
\32,340 高速電脳
\32,800 BLESS秋葉原本店(完売)
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ